9月22日に発売されたiPhone8 Plusは、背面にガラスを採用したこともあり、これまでのiPhoneシリーズの中で最も重いモデルとなっています。

iPhone8 PLusの重量は初の200g超え

Appleは2014年に、5.5インチディスプレイを搭載したiPhone6 Plusを発売しました。その後、Plusモデルは2015年のiPhone6s Plus、2016年のiPhone7 Plus、そして2017年のiPhone8 Plusと代を重ねてきました。
 
今年のiPhone8 Plusは、ワイヤレス充電対応のために背面がガラスになった影響もあり、重量は202gと、歴代iPhoneシリーズの中でも最重量モデルとなっています。
 
歴代のPlusモデルの重量は以下のとおりです。
 

iPhone6 Plus:172giPhone6s Plus:192giPhone7 Plus:188giPhone8 Plus:202g


 

 
なお、11月3日に発売されるiPhone Xの重量は174gです。
 
もし、2014年のiPhone6 PlusからiPhone8 Plusに買い換えた場合、本体重量は30g増えることとなり、手にした時に重さを感じるレベルの違いとなっています。

iPhone8 Plusの重さは実用上は問題にならない、との指摘も

iPhone8 Plusの重量は、他のモデルと持ち比べれば重いのは事実ですが「実用上はあまり問題にならないだろう」、と携帯電話関連のニュースサイトPhoneAreneは指摘しています。
 
iPhone8 Plusでは、iPhone7 Plusで注目を集めた写真機能のポートレートモードが進化しているほか、カメラ情報の専門サイトが「スマートフォン史上最高のカメラ」と賞賛するほど、撮影能力が向上しています。
 
また、最新のARアプリにも対応する高い処理能力を誇るA11 Bionicプロセッサは、同時に省電力性能にも優れており、iPhone8 PlusはiPhone7 Plusよりもバッテリーが小型化しているにも関わらず、同程度の動作時間を確保しています。
 
また、iPhone Xよりも低価格で、発売直後のモデルながら、在庫が比較的入手しやすい状態となっています。
 
なお、一部のiPhone8 PLusでバッテリーが膨張する問題が発生しており、Appleは問題の解決に向けて調査を開始しています。

 
 
Source:PhoneArena
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ