長友先発のインテル、ブロゾヴィッチ2発で無敗キープ! ベネヴェントは7連敗

写真拡大

 セリエA第7節が10月1日に行われ、ベネヴェントと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。長友は2試合ぶりにスタメンに名を連ねた。

 先制したのはインテルだった。19分、左サイド高い位置に抜け出した長友がゴールライン際から折り返すと、このボールに反応したアントニオ・カンドレーヴァが左足でクロス。中央に走り込んだマルセロ・ブロゾヴィッチがヘディングシュートを叩き込んだ。

 さらに直後の22分、インテルはエリア手前左でFKを得ると、ブロゾヴィッチが直接狙う。このシュートがゴール右上に突き刺さり、リードが2点に広がった。

 2点を追うベネヴェントは42分、スルーパスでペナルティエリア内右に抜け出したマルコ・ダレッサンドロが右足でゴール右に流し込み、1点差に詰め寄って前半を折り返す。

 後半は突き放したいインテルが攻勢に出るなか、ベネヴェントもカウンターからチャンスを作る。だが最後までスコアは動かず、このまま2−1でタイムアップ。インテルが無敗をキープした一方、ベネヴェントは開幕7連敗となった。なお、先発した長友は85分までプレーした。

 次節、ベネヴェントは16日にアウェイでヴェローナと対戦。インテルは15日にミランとの“ミラノ・ダービー”に臨む。

【スコア】
ベネヴェント 1−2 インテル

【得点者】
0−1 19分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
0−2 22分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
1−2 42分 マルコ・ダレッサンドロ(ベネヴェント)