初選出のDF車屋紳太郎、代表デビューへ意欲「チャンスをつかみたい」

写真拡大

 練習前のグラウンドには、やや緊張した面持ちで指揮官と向き合う車屋紳太郎(川崎フロンターレ)の姿があった。10月6日と10日にキリンチャレンジカップを戦う日本代表が、豊田市内で合宿を開始。候補合宿を除けば初招集のサイドバックは、「寄せやデュエルする部分」を強く要求されたという。

 ロシア・ワールドカップまであと9カ月。本人は「正直、この段階で呼ばれるとは思っていなかった」と謙遜するが、アピールすることは忘れていない。「これまでは『自分がこの舞台(ワールドカップ)に!』とは考えていなくて、客観的に試合を見ていたけど、自分の目の前にチャンスが少なからずあるので、そのチャンスをつかみたい」。巡ってきた好機をみすみす逃してなるものか。車屋は静かな闘志を燃やしていた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表時に「2試合とも違ったメンバーになる予定」と語っており、出場機会が回ってくる可能性は高い。車屋は「監督が求めている守備で戦う部分は絶対にやらないといけないし、フロンターレでやっている攻撃的な部分も出したい」とイメージを膨らませた。