日本代表初選出の車屋紳太郎…招集に驚きも、W杯出場へ意欲「チャンスつかみたい」

写真拡大

日本代表は1日、キリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦(6日/豊田スタジアム)、そしてハイチ代表戦(10日/日産スタジアム)に向けた合宿を愛知県豊田市で開始。トレーニング後、DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)が意気込みを語った。

代表初選出となった車屋は、「徐々にチームに溶け込んでいければいいかな」と語るように、緊張の面持ちで練習に参加。「正直、この段階で選ばれるとは思ってなかった。(ワールドカップは)客観的にすごいなという舞台として見てたので」と、気持ちを吐露。それでも「目の前にそういうチャンスがあるので、そのチャンスをつかみたいなという思いはありますね。自分の中でスイッチというか、『やらなくちゃいけない』という思いは芽生えました」と向上心をのぞかせる。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは「寄せるところだとか、デュエルすること」を要求されたという。「どこの環境でもやれる選手がいい選手だと思う。監督が求めることをやらなくちゃいけない。その中で自分の良さを出さなくちゃいけないと思っています。監督が求める守備のところ、戦うところは絶対。その中で、フロンターレでやっているような攻撃的な部分を出したい」と意気込んだ。

自身のプレースタイルに関しては、「縦に行ってクロスを上げられるのは左利きの強みだと思う。ただ、Jリーグでも最近は縦を切ってくるチームも増えてきた。中を選択するなど、相手によって使い分けられればいいかなと思ってます。左足だけに固執するんじゃなくて」と、瞬時の判断力が重要だと強調する。

日本代表では、海外のクラブで活躍する選手ともプレーをともにすることになる。「いろいろな選手と話をしたい。そういうのもすごく大事なことだと思うので。サッカー以外のところでも話ができたらいいかなと思ってます」と、コミュニケーションを積極的に行う姿勢を見せた。