ネイマールとカバーニが“仲直り弾”で確執に終止符 “MCNトリオ”には称賛「魔法のよう」

写真拡大

PKキッカーを巡って口論を起こした二人が、プレーで“仲直り”を証明

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディソン・カバーニは、リーグアン第6節のリヨン戦(2-0)でPKキッカーを巡って口論を起こし、チーム内での不協和音が報道された。

 一部ではネイマールが練習時にチームメイトに謝罪したとも伝えられていたが、当の本人たちはリーグ第8節のボルドー戦で、プレーによって“仲直り”を証明。各国メディアが大きく取り上げている。

 ネイマールが直接FKを決めて先制し、1点リードで迎えた前半12分だった。センターサークル付近からフランス代表DFプレスネル・キンペンベが出した縦パスを、フランス代表FWキリアン・ムバッペがヒールで落としたところから“ショー”は開演する。ボールを受けたネイマールはそのままドリブル突破を仕掛けるが、左前方にはムバッペ、右前方にはカバーニがいる状況で、DFの間を抜くスルーパスをカバーニに供給。背番号9はダイレクトでゴールに流し込み、チームに2点目をもたらした。

 得点を決めたカバーニは、ネイマールを指差しながら走り出し、小さくガッツポーズした後に笑顔でハイタッチ。熱い抱擁を交わすと、すぐに歓喜の輪が広がった。

 さらに、前半40分にPSGはPKを獲得。ネイマールがボールを持ってペナルティースポットに向かい、相手GKの動きを見極めてゴール左隅に流し込むと、これまでキッカーを務めていたカバーニの下に歩み寄り、再び熱い抱擁を交わした。試合はその後、ムバッペがゴールを挙げるなどPSGが6-2でボルドーを下したが、メディアが焦点を当てたのはやはりネイマールとカバーニだった。

“MCNトリオ”には海外メディアも称賛

 スペイン紙「マルカ」電子版は、ネイマールがペナルティースポットにボールをセットする場面と、カバーニと抱擁する場面の写真を掲載するとともに、「ネイマールがペナルティー(キック)で得点…そしてカバーニに感謝」と特集。「カバーニはチームメイトの抱擁を受け入れた」と報じている。

 さらに、米スポーツ専門テレビ局「CBSスポーツ」はムバッペ、ネイマール、カバーニとつないで奪った2点目の映像とともに、「ネイマール、ムバッペ、カバーニが融合し、魔法のようにとてつもなく流麗なゴールを決めた」、同じく米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「MCNがショーでスポットライトを奪った」と伝えている。

 PSGは開幕8試合を消化して7勝1分で勝ち点22を稼いでいるが、フランス紙「レキップ」によれば、リーグアンにおいては1936-37シーズンにオリンピック・リロワ(後のリール)が記録した勝ち点24(8戦全勝)に次ぐ成績だという。“わだかまり”の解けたネイマールとカバーニ、そしてムバッペを擁するPSGの勢いはしばらく止まりそうにない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】beIN SPORTS公式ツイッターに投稿された「パリ・サンジェルマンvsボルドー」のネイマールとカバーニの“仲直り弾”

https://twitter.com/beINSPORTSUSA/status/914147572251529216

beIN SPORTS公式ツイッターに投稿された「パリ・サンジェルマンvsボルドー」のネイマールとカバーニの“仲直り弾”