愛犬と間違った遊び方をしていませんか?

運動不足やストレスの解消のためにお散歩は犬にとってとても大切な日課ですが、犬には遊ぶことも大切であり、犬は遊ぶことによって

心身の健康を維持することができる脳に良い刺激を与えることができる飼い主との信頼関係が深まる

などといったメリットを得ることができます。ですから、お散歩とは別に愛犬と遊ぶ時間も積極的に設けたいものです。ですが、愛犬と遊ぶときには注意点があり、間違った遊び方をしてしまうとトラブルを招いてしまうかもしれません。

そこで今回は、愛犬との間違った遊び方についてご紹介していきたいと思います。是非この機会に、愛犬と間違った遊び方をしていないかチェックしてみて下さい。

では、愛犬との間違った遊び方を5つご紹介していきます。

ヽ蠅蠅笋垢ぞ欧罵靴

愛犬と遊ぶとき、ツルツルと滑りやすいフローリングで遊んでいませんか?犬は、フローリングではスパイク代わりの爪が立てられず、踏ん張ることができません。

これが犬の足腰に負担をかけることになり、膝蓋骨脱臼や関節炎やヘルニアなどを発症するリスクを高めてしまいます。また、滑って転倒して、捻挫や骨折をする危険もあります。

フローリングにはカーペットを敷くなど、滑り止め対策を行ってから愛犬と遊びましょう。

⇒靴峪間の始めと終わりを決めるのが犬

愛犬がおもちゃを飼い主さんのところへ持ってきて遊びが始まり、愛犬が飽きたら遊びが終わるという遊び方をしていませんか?このような遊び方は犬に主導権を与えてしまうことになり、問題行動につながる可能性があります。

遊ぶ時間の始まりと終わりを決めるのは飼い主さん、おもちゃの管理をするのも飼い主さんにしましょう。どのおもちゃで遊ぶのかも飼い主さんが決め、遊び終わったら出しっ放しにせずに片づけます。

因みに、愛犬が飽きる前に遊びを切り上げるようにすると、次回遊ぶときの期待感が高まります。

L詰やりおもちゃを取り上げる

愛犬との遊びを中断したりおしまいにするときに、愛犬から無理やりおもちゃを取り上げていませんか?これは、愛犬がおもちゃへの執着が強くなる原因になります。

おもちゃへの執着が強くなると、誰かがおもちゃに触ろうとしたり、近づいたりしたときに噛みつくようになる可能性があります。

遊びを中断したりおしまいにするときは、飼い主さんが愛犬から無理やりおもちゃを取り上げるのではなく、飼い主さんの「チョウダイ」の指示で愛犬のほうからおもちゃを返せるように教えていきましょう。

じい魘淑海気擦垢てしまう

犬それぞれ好きな遊びは違うかとは思いますが、引っ張りっこ遊びなど狩猟本能をくすぐられる遊びに夢中になる犬が多いのではないでしょうか。

ですが、こうした遊びは犬が興奮しすぎてしまう傾向にあります。興奮しすぎてしまうと、いつもは飼い主さんの言うことを聞く犬でもコントロールがきかなくなってしまったり、思わぬケガにつながることも考えられます。

ですから、愛犬と遊ぶときは興奮させすぎないように

唸る口にくわえたおもちゃを離さそうとしないおもちゃを激しく振り回す

など愛犬が興奮している兆候を見せたら遊びを中断し、「チョウダイ」の指示でおもちゃを口から出させてクールダウンさせましょう。そして、愛犬が落ち着いたら遊びを再開します。

また、愛犬が興奮しやすい遊びをするときは、5分遊んだら5分休憩し、また5分遊ぶという具合にクールダウンする時間を挟むのも良いでしょう。

ジい寮格を考えずにドッグランに行く

犬は基本的に動き回るのが好きですので、ときには広いスペースで愛犬を思いっきり遊ばせてあげたいと思いますね。

そうなると、ドッグランが最適な遊び場所に思えますが、臆病な性格の愛犬をドッグランへ連れて行っても他犬や他人に怯えてしまい、遊ぶどころではないかもしれません。

また、愛犬が攻撃的な性格である場合は、他犬や他人に噛みつくなどのトラブルを起こしてしまう心配があります。

ドッグランで愛犬を思いっきり遊ばせてあげたいと思ったときはまず、そこが愛犬にとって本当に楽しく遊べる場所なのか、愛犬の性格を踏まえて考えてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?ご紹介した中には、ついやってしまいがちな遊び方もあったのではないでしょうか。

愛犬と一緒に遊ぶ時間はとても楽しく、遊ぶことによって愛犬にメリットをもたらすこともできます。ですが、間違った遊び方をしてしまうと逆効果になりかねませんし、ケガにつながることもあるので注意が必要です。

ご紹介したような遊び方をしないように気をつけて、愛犬と共に楽しい時間を過ごしながら信頼関係を深めていきたいですね。