皮なしでOK!?「焼きそば餃子」がお弁当に使える!

写真拡大 (全4枚)

具がたっぷりで、ご飯のお供にもぴったりな「餃子」。お弁当のおかずにも入れたいけど、朝から包んで焼いて…と作っている時間はない。そんなときは、こちらの「焼きそば餃子」はいかがですか?

焼きそばと餃子のコラボ!?


餃子といっても皮に包まれたいつもの餃子でも、焼きそば入りの餃子のことでもありません。餃子の皮は使わず、使うのは細かくカットした焼きそば麺と餃子のタネ。これらを混ぜ合わせて焼くだけ!だから、忙しい朝でも簡単に作れます。焼きそばも餃子も食べたい、なんてときにもいいかもしれませんね。お弁当のバリエーションも広がりますよ〜。

レシピはこちら


焼きそば餃子〜♬お弁当にも♪

by maco*rmj

焼きそば&チーズ入りの洋風餃子( *´艸`)
マヨネーズを付けて食べるのがおすすめ♡

作り方のポイント


<その1>

餃子のタネをフライパンで焼くときは、油はひきません。



<その2>

両面を焼くとき、ヘラで上から抑えるときは”軽く”!



麺を入れることでボリュームも出て食べ応えもバッチリ!賞味期限間近の麺救済にもなり、一石二鳥です。