過熱を極めるカタルーニャ独立運動

写真拡大

1日、カタルーニャサッカー連盟(FCF)は独立投票に伴う州内の安全性などを危惧して、14:00(日本時間21:00)以降の公式戦全試合の中止を発表した。あくまでもカタルーニャサッカー連盟配下の試合であり、スペインサッカー連盟(RFEF)の下で行われるリーガの試合は現在のところ、通常通り開催される予定。

1日はカタルーニャ自治州の独立投票が行われており、サッカー界でもFCバルセロナのピケやレジェンドのプジョルなど多くのカタルーニャ出身の多くの選手が独立投票に対する呼びかけをしており、スペイン国内では物議を醸している。