ハムシクが“マラドーナ越え”迫る今季初弾! ナポリが開幕7連勝《セリエA》

写真拡大

▽ナポリは1日、セリエA第7節のカリアリ戦に臨み、3-0と快勝した。

▽イタリア王者ユベントスと共に開幕6連勝の好スタートを切ったナポリ。今節は、13位につける2連敗中のカリアリを本拠地サン・パオロで迎え撃った。先発は前節から3名を変更。マクシモビッチ、ジエリンスキ、アマドゥ・ディアワラに代わり、アルビオル、アラン、ジョルジーニョがスターティングメンバーに名を連ねた。

▽立ち上がりからボールの主導権を握ったナポリ。インシーニェ、メルテンス、カジェホンの3トップを軸に攻め立てると、開始4分にカリアリの牙城を破る。メルテンスにボールを叩いたハムシクがバイタルエリア左からボックス内にスプリント。メルテンスの絶妙なスルーパスに反応したハムシクが綺麗に相手の背後を取って左足のシュートを沈め、ナポリが幸先良く先制した。

▽マラドーナ氏が持つ115得点のクラブ最多得点記録まであと1得点に迫るハムシクのシーズン初ゴールでリードしたナポリ。39分にも自慢の攻撃陣が躍動する。左サイドにボールを引き出したインシーニェが鋭いスルーパスをボックス内に供給。これに反応したメルテンスが相手DFに倒されてPKのチャンスを獲得すると、自ら決め切り、効果的にゴールを積み重ねた。

▽2点リードで試合を折り返したナポリは開始早々の47分、敵陣右サイドでFKのチャンス。キッカーを務めたジョルジーニョのクロスにボックス右深くで反応したクリバリが押し込み、ナポリがカリアリを突き放した。セーフティリードを手にしたナポリは、その後もカリアリを圧倒。結局、最後まで危なげない戦いぶりでカリアリを下したナポリが開幕7連勝を飾っている。