福岡が自動昇格圏に再浮上…名古屋が6発大勝、“名岐ダービー”制す/J2第35節

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第35節が9月30日から10月1日にかけて各地で行なわれた。

 首位の湘南ベルマーレは4得点を奪い、ツエーゲン金沢を下した。アビスパ福岡対レノファ山口FCの一戦は、ホームの福岡が競り勝ち自動昇格圏内の2位に浮上。V・ファーレン長崎はモンテディオ山形とスコアレスドローに終わり、J1昇格プレーオフ圏内の3位に転落している。

 松本山雅FCは石原崇兆の得点を守り抜き2試合ぶりの勝利。FC岐阜との“名岐ダービー”に臨んだ名古屋グランパスは、ガブリエル・シャビエルがハットトリックを達成する活躍などで6−2と大勝した。この結果、名古屋が4位、松本が5位に。ザスパクサツ群馬と1−1で引き分けた横浜FCが6位となっている。

 今節の結果は以下の通り。

■J2第35節結果(9月30日、10月1日)
▼9月30日
モンテディオ山形 0−0 V・ファーレン長崎
アビスパ福岡 2−1 レノファ山口FC
水戸ホーリーホック 0−1 松本山雅FC
京都サンガF.C. 2−0 ジェフユナイテッド市原・千葉
湘南ベルマーレ 4−2 ツエーゲン金沢
▼10月1日
ファジアーノ岡山 0−3 大分トリニータ
カマタマーレ讃岐 0−0 徳島ヴォルティス
ザスパクサツ群馬 1−1 横浜FC
東京ヴェルディ 3−1 FC町田ゼルビア
FC岐阜 2−6 名古屋グランパス
ロアッソ熊本 2−1 愛媛FC

■J2順位表
1位 湘南(勝ち点74/得失点差+20)
2位 福岡(勝ち点64/得失点差+16)
3位 長崎(勝ち点63/得失点差+8)
4位 名古屋(勝ち点59/得失点差+15)
5位 松本(勝ち点58/得失点差+21)
6位 横浜FC(勝ち点57/得失点差+14)
7位 大分(勝ち点55/得失点差+7)
8位 徳島(勝ち点54/得失点差+20)
9位 東京V(勝ち点54/得失点差+10)
10位 岡山(勝ち点49/得失点差−2)
11位 水戸(勝ち点48/得失点差+3)
12位 千葉(勝ち点47/得失点差−1)
13位 山形(勝ち点47/得失点差−6)
14位 町田(勝ち点45/得失点差+2)
15位 岐阜(勝ち点43/得失点差−5)
16位 愛媛(勝ち点43/得失点差−9)
17位 京都(勝ち点42/得失点差+1)
18位 熊本(勝ち点36/得失点差−13)
19位 讃岐(勝ち点35/得失点差−11)
20位 金沢(勝ち点34/得失点差−26)
21位 山口(勝ち点28/得失点差−20)
22位 群馬(勝ち点19/得失点差−44)

■J2第35節対戦カード(7日、8日)
▼7日
13:00 松本 vs 熊本
14:00 徳島 vs 群馬
15:00 千葉 vs 岡山
15:00 東京V vs 山形
15:00 山口 vs 名古屋
16:00 町田 vs 長崎
16:00 湘南 vs 水戸
18:00 横浜FC vs 福岡
19:00 金沢 vs 愛媛
▼8日
14:00 讃岐 vs 京都
14:00 大分 vs 岐阜