マン・オブ・ザ・マッチ:バスカル・シュテンツェル(FW:フライブルク)

【得点経過】
0-1:ハック(14分、ワグナー)
1-1:ニーダーレヒナー(15分、ハベラー)
2-1:ソユンチュ(18分、ヘフラー)
3-1:シュテンツェル(87分、ペテルセン)
3-2:シュスター(90+2分OG、オクス)

【試合後コメント】
クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク)「失点から試合に集中していったという感じだったね。選手たちは素晴らしい戦いを見せてくれたと思うよ。守備的に構えたところから、得点へのチャンスを掴んでいた。しかしながら今回は運があったことも確かさ。」


ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「とてもいい形で試合に入ることができたんだがね。早々に先制点を決めることができたのだが、しかしそれから最近の悪い流れがでてしまったよ。体力が残っているうちはよかったのだが。しかし常に勝利を収められるものでもないさ」

オリヴァー・バウマン(GK:ホッフェンハイム)「遠征による負担は大きかった。でもそれを言い訳にはできないけど。それでも後半からはそれなりに対処はできてたんだけども。」

ケヴィン・フォクト(DF:ホッフェンハイム)「数多くの選手が離脱中にあるし、これから一旦休憩に入るのはいいタイミングだよ」

【先発メンバー】