少年を助けるため撮影中に湖に飛び込んだ花婿(画像は『Hatt Photography 2017年9月23日付Facebook「A special shout out to last night's groom Clayton!」』のスクリーンショット)

写真拡大

カナダのオンタリオ州で無事に結婚式を終え、その後プロのカメラマンにより記念撮影をしていたカップルにちょっとしたハプニングが起こった。その様子をカメラマンが撮影しFacebookに投稿したことで話題となり、『Today』『CTV News』『The Independent』など複数のメディアで伝えられるところとなった。

オンタリオ州ケンブリッジに住むクレイトン&ブリタニー・クック夫妻は、9月22日に同州キッチナーで結婚式を挙げた後、プロの写真家ダレン・ハットさんとともにビクトリア・パークで記念撮影をしていた。

ところが、思わぬハプニングが起こった。公園の橋の上で美しいウエディングドレス姿のブリタニーさんだけのショットを撮影している最中、下にある湖にひとりの少年が落ちてしまったのだ。

クレイトンさんは、少年が湖の浅瀬に落ちた一瞬の出来事を捉え、迅速に行動した。クレイトンさん曰く、少年は顔が水に浸かっており自力で湖から這い上がろうともがいていたので、正装しているにもかかわらず咄嗟に水の中に飛び込み少年を救助したという。

ダレンさんによると、これはあっという間の出来事だったそうだ。ダレンさんはちょうどその場面に背中を向ける形でブリタニーさんを撮影しており、ブリタニーさんが気付いた時にはクレイトンさんが湖の中にいたので「あの人、水の中で何をしているのかしら?」と思ったが、すぐに事態を察した。

この日は暑い日で、公園には多くの子供たちがいた。数人の友達と遊んでいた少年は、押されて誤って湖の中に落ちてしまったようだが、子供たちを監視している大人の姿は見当たらなかった。しかしクレイトンさんが少年を水から引き上げると、年齢が少し上の子供たちが来て少年を連れていった。救助された少年は、クレイトンさんやそばにいたブリタニーさんたちに何の言葉も発しなかったという。

当時を振り返って「夫の行動は速やかでした。でも、直感で迅速に行動するのが夫なんです」とブリタニーさんは言う。また少年を救助した時の様子をカメラに収めたダレンさんは「私たちがあの場にいてよかった。そうでなければ、湖に落ちた少年は誰にも気づかれなかったということもあり得ますから」と話し、Facebookアカウント「Hatt Photography」に、「クレイトンさんの結婚記念撮影中、予期せぬスペシャルショットを捉えることとなりました。私たちが気付いた時には、もうクレイトンさんは溺れかけていた少年を救助した後でした。クレイトンさんの迅速な行動が小さな子供の命を救ったのです」と投稿した。

多くのユーザーから「見知らぬ子供を素早く助けるなんてまさにヒーローだね。ありがとう」「こんなご主人って素敵。きっといいお父さんになるね」「花嫁さん、いい男性をつかまえたね! どうか末永くお幸せに」「この救出写真が、ある意味本当の“記念写真”だね。何年経っても忘れることないだろうね」といった声が寄せられている。

画像は『Hatt Photography 2017年9月23日付Facebook「A special shout out to last night's groom Clayton!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)