イー・ジージエ【写真:Getty Images】

写真拡大

20歳イージエがネーベルホルン杯6位、マレーシア初の出場権…歴史的快挙にIOC注目

 フィギュアスケートのネーベルホルン杯(ドイツ・オーベルストドルフ)は五輪最終予選を兼ねて行われ、男子シングルでイー・ジージエ(マレーシア)が総合6位に入り、平昌五輪出場権を獲得。フィギュアで同国初の冬季五輪出場が内定し、国際オリンピック委員会(IOC)が運営するテレビチャンネル「オリンピックチャンネル」が特集し、話題を呼んでいる。

 東南アジアの常夏の国、マレーシアからフィギュア初の冬季五輪出場権を掴み取った。20歳のジージエは五輪最終予選を兼ねて行われた今大会に総合6位に食い込み、来年2月に行われる平昌五輪の出場権を獲得。同国にとって歴史的な瞬間となった。

 人口3100万人のマレーシアの快挙を受け、「オリンピックチャンネル」も公式ツイッターに動画付きで特集。美しい連続ジャンプなどの様子とともに快挙を伝え、本人のインタビューを紹介している。

 爽やかなイケメンの20歳は「自分の感情が自分でも掴みきれない。ついにここまで来た、とにかく、本当に素晴らしく最高の気分です。僕は大泣きするようなことはしない普通の大人の男だけど、これはさすがにくるものがありますね」と興奮気味に語った。

マレーシアの期待を背負ってきた20歳「まるで巨大な岩がのしかかっている気分」

 過去にマレーシア選手権4連覇を達成。昨季はアジア選手権で優勝した田中刑事らに続く3位に食い込み、羽生結弦が優勝した世界選手権では22位に入っていた。

 常に国の期待を背負ってきたジージエは「まるで巨大な岩が肩にのしかかっている気分でした。だけど、もうそんなことはありません。ここさえ乗り切れば、むしろここからは楽な通過点です」と振り返った。

 さらに「私たちは常に前進するために足を踏み出すし、改善するためのハードワークをし続ける。それこそが私たちが辿り着いた偉大な場所とマイルストーンなのだから。そして私たちは、次の一歩を踏み出すのです」と今後に向け、決意を語った。

 マレーシアにとって初の快挙を達成した20歳。フィギュア界のグローバル化を活気づかせる存在としても、今後も注目していきたい一人だ。