美容家に学ぶ!結果の出る“食べる”ダイエット

写真拡大

 ダイエットは、成功している人に学ぶのが一番。ということで、美容家が実践して成功したという、ダイエット法を集めてみました。

●一日一回は必ずたんぱく質を使った「ご馳走」サラダを食べる

 美容栄養アドバイザーの石坂優子さんは、一か月に1キロずつ、ゆっくりではあるものの、6キロ痩せたのだそう。そのダイエット法は、一日一回、必ず5種類以上の野菜を使った、肉などのたんぱく質入りサラダを食べること。その際、主食はご飯茶碗半分くらい、パンはバケット2つくらいが目安。サラダにキヌアや雑穀を使う場合は、主食はなし。たんぱく質はサーモンや豚しゃぶ、チキン、赤身ステーキ、卵など何でもOKですが、加工品はNG。サラダは、いくらでも食べていいそうですよ。こんなおいしそうな「ご馳走」を食べてよいのなら、主食が少なくても続きそうですね。

●具をカレーの粉で炒めて、カレーのルーを半分にする

 ダイエット中でもカレーが食べたい。そんなあなたにはダイエットコーチEICOさんのテクニックを。カレーのカロリーはルーが大半を占めています。とにかく、ルーには油がいっぱいだそうです。そこでルーを減らすために、具をカレー粉で炒めてから半分の量のルーで普通に調理。具の量を増やして大きくカットすれば、よく噛むので食べ過ぎ防止にもなるそうですよ。

 さあ、ダイエットに失敗続きのあなたは、結果の出る楽しい美容家直伝のダイエット法、今すぐ始めてみましょう!