落ち葉をキャンバスにした繊細過ぎる葉脈アートにうっとり

写真拡大

本格的な秋が近づいている今日この頃。

なんとなく切ない気分になってしまう季節にぴったりのアートを見つけちゃいました♪







・落ち葉をキャンバスにしたアート

秋の風物詩である落ち葉をキャンバスに、様々な作品を描いているのはビジュアルアーティストのOmid Asadiさん。

イラン出身でイギリスを中心に活躍するAsadiさんは、枯れた葉の葉脈などの部分を上手に利用して、秋の切なさにぴったりの作品を作り上げています。







・花よりも美しい落ち葉

Asadiさんの仕事は、まず美しい葉を集めるところから始まります。

葉を乾燥させて、スケッチをした後、ナイフを使って美しい場面を掘り出していきます。





あまりに細かな作業のため、完成まで長い場合には2ヶ月もかかることもあるのだとか。





繊細なAsadiさんの作品はイギリスやミラノで大きな評判となっています。

「もし落ち葉が花だったら、誰もそれを踏まないでしょう」と語るAsadiさん。





「私は落ち葉に別の人生を与え、そこから芸術を作りたかった」のだとか。





これから始まる落ち葉の季節、たまには地面に目を落としてみるのも楽しいかもしれませんね♪





Instagram(omidasadiart)

https://www.instagram.com/omidasadiart/