“モテ期は3回訪れる”は本当? いまだ独身のななめ45°土屋、モテ期を活かして彼女を作れるか

写真拡大

 「マイナビ学生の窓口」の調査結果によると、大学生男女402人のうち「まだ一度もモテ期を経験していない」と答えた人が最も多く、51.5%を占めたそうだ。

 この結果を受けて、9月22日の“新感覚バラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では「モテ期」をピックアップ。魂の救済師・安沙蘭と琉球風水志・シウマが、占いの視点から調査結果をひもといた。

■モテ期は人生に三度くる?

 「一度もモテ期はきてない。人生で3回もくると言われているなんて絶対ウソだーー!」と嘆く、MCななめ45°・下池輝明(38)に対し、「占いによっては、モテ期はないと考えるそうです。モテる人はずっとモテるし、モテない人はずっとモテない」と、シウマが追い打ちをかける。

 「でも、琉球風水ではモテ期はあると考えます」と、シウマ。彼の占いによれば、20歳の頃に一度はモテ期がくるはずで、過半数の大学生がモテ期を経験してないと答えた結果には疑問を感じるという。

 「今の若者らしい結果だなと思います」とコメントしたのは、対面鑑定や電話鑑定で多くの若者から相談を受けている安沙蘭。周囲から見れば明らかに恋人同士なのに、「付き合って」と言葉で告白されてないから付き合っていない、と言う若者が多いそうだ。「告白されてない=付き合ってない=モテない、と捉える若者が多いから、この結果が出たのかな」と結果を分析。現代の若者の恋愛観が反映されているとも考えられるようだ。

■モテ期って運気はどうなの?

 ところで、モテ期とはそもそも運気も上がる時期なのか? シウマは、「琉球風水ではモテ期は運気が高い時期と考えますが、恋愛以外の例えば仕事などの運気は下がり気味になる」と注意を促す。

 さらに安沙蘭は、「モテ期を人が集まる時期ととらえれば、仕事がたくさん入る時期とも考えられます。ただしその場合は、恋愛があまりうまくいかないこともある」と話した。モテ期のエネルギーを仕事に多く割けば恋愛に割く分は減り、仕事に割く分を減らせば恋愛に割く分が増える、シーソーのようなバランス関係にあるのだ。「モテ期のエネルギーを何に使うかはその人次第。でもバランスが大切なんです」と語った。

■気になる土谷のモテ期は?

 最後に話題となったのは、ななめ45°唯一の独身者である土谷のモテ期について。「土谷さんは、2018年の1月までは合コン強化月間ですから、出会いの場をたくさんもつといい。この時期を逃すと、2020年の東京オリンピックまでモテ期はやってきません、残念ながら」と安沙蘭は断言した。

 さらにシウマは、「土谷さんには幼な心を持った人が合う。一緒にコスプレを楽しんでくれるような、土谷ワールドを共有できる人がいいと思います」と、ゲーム大好きな土谷にピッタリの彼女像を提案した。

 人生に3回、琉球風水では少なくとも20歳で一度はくるらしいモテ期。土谷は、現在のモテ期をものにして、彼女をつくることはできるか。
(坂井玲子)

>>占いTVを見る