アグエロはアルゼンチン代表の試合を欠場する

写真拡大

30日、イギリスのテレビチャンネル『Sky Sports』が報道した内容によると、9月29日の夜にアムステルダムで交通事故に遭ったマンチェスター・シティのストライカー、セルヒオ・アグエロの戦線離脱期間は2〜4週間になる見込みだという。 

クンは親交のあるコロンビア人のレゲトン歌手、Malumaのコンサートを鑑賞した後、マンチェスターに戻るためにタクシーで空港へ向かう道中だった。 

複数のメディアによると、スピードを出していたタクシーはコントロールを失い、電柱に激しく激突した。 

“Sky Sports”によると、クンは肋骨を骨折したが、不幸中の幸いでピッチを離れる期間はわずか2〜4週間になるという。 
「僕が早く回復するように送ってくれた多くの応援メッセージに心から感謝している。タクシーは運転を誤り、電柱に衝突した。激しい衝撃だったが、シートベルトが最悪の事態から僕を守ってくれた。」 
アグエロは自身のTwitterアカウントにそのように記した。 

「アムステルダムVU大学メディカルセンターで受けた素晴らしい応対に感謝したい。現在、僕は既にマンチェスターの自宅にいる。その前には シティのメディカルスタッフによる診断も受けた。僕は肋骨を骨折している。痛みはあるが、大丈夫だ。回復に全力を尽くすよ。みんな、ありがとう!」 
アグエロはそのように続けた。 

今回の事故によってアグエロは今週1日のプレミアリーグのチェルシー戦に加えて、アルゼンチン代表のロシアW杯本戦出場のかかる南米予選の重要な試合(ペルー戦とエクアドル戦)を欠場する事となる。