ミラン時代の本田が決めた「最も美しいゴール5選」 伊メディアが在籍3年半を再検証

写真拡大

栄光の10番を背負って決めた一撃を回顧

 パチューカFW本田圭佑は、2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロでACミランに加入した。

 栄光の背番号10を託されて3年半プレーしたが、15-16シーズンから2年連続でリーグ戦1ゴールという低調なパフォーマンスにより、契約延長を勝ち取ることはできず。今夏の移籍市場でメキシコに新天地を求めた。

 ミランでは試合での活躍よりも、練習場でのプロフェッショナルな姿勢が評価されることが多かったが、イタリアメディア「ニュースモンド」は改めてミラン本田の3年半を振り返り、「最も美しいゴール5選」を選出している。

「ケイスケ・ホンダのミランでの経験は特段エキサイティングなものにならなかった。だが、この日本人は自分のできる貢献をした。4シーズンにわたって92試合に出場し、11ゴールを決めている」

 記事ではミラン在籍中に輝きを放つことはなかったが、黒子として貢献した本田のイタリアでの日々を振り返っている。そして、リーグ戦9得点、イタリア杯2得点という本田のミランでのゴールから最も美しい5つのゴールを選出した。

14-15シーズンに見せた怒涛のゴールラッシュ

 ゴラッソ5選の筆頭は、14年9月14日の敵地パルマ戦だった。DFイニャツィオ・アバーテのクロスからヘディングで奪ったゴールが選出された。この試合では1得点1アシストと活躍したが、「(パルマにとって)本田は一つの悪夢となった」と寸評では評価されている。ミランは5-4で打ち合いを制している。

 二つ目は、14年10月4日の本拠地キエーボ戦が選ばれた。後半33分、本田はエリア左約20メートルのFKのチャンスで左足を一閃。鋭い弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。本田のダメ押し弾で、試合にも2-0と勝利。「ホンダは得意分野の一つであるFKで試合を締めくくった」と、記事では評価されている。

 14年9月23日の敵地エンポリ戦の豪快なゴールも選ばれた。後半12分のカウンターの場面でアバーテからパスを受けると、またぎフェイントで相手DFの間合いを外して左足を一閃。グラウンダーのシュートがゴール右隅に突き刺さり、試合は2-2のドローに終わった。

 続いて14年10月19日のベローナ戦のゴールも選ばれている。3-1で勝利した試合で2ゴールを決めた本田について、「主役の一人がホンダだ。ドッピエッタ(2ゴール)を決めた」と評価されている。1点目は前半27分にイタリア代表FWエル・シャラウィのスルーパスに走り込み、左足ダイレクトで流し込んだが、ベストゴール5選には2点目が選ばれている。最終ラインのDFラミのスーパースルーパスに独走。巧みなステップで相手GKのタイミングを崩すと、左足でゴールを沈めた。「単独逃避行。斜めの角度に決めた」と再評価されている。

移籍1年目に見せた「偉大なプレー」

 ここまでの4ゴールはいずれもフィリッポ・インザーギ元監督が率いた14-15シーズン、絶好調だった前半戦でマークしたものだが、最後に選ばれたのは13-14シーズンのクラレンス・セードルフ政権下のセリエA初ゴールだった。

 14年4月7日のジェノア戦で、本田はカウンターから魅せた。1-0で迎えた後半11分にスルーパスを受けると、縦へ突進。飛び出す相手GKペリンよりも一歩先にボールに触ると、チップキックでGKの体の上を通したシュートは「偉大なプレー」と紹介されている。

 もっとも今回の特集で全5ゴール中4点が選ばれたように、本田のミラン在籍3年半でのハイライトは開幕7試合で6得点2アシストと出色パフォーマンスを見せた、インザーギ体制下の14-15シーズンと見なされているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images