「試合前に(他会場の)結果はわかっていたので、今日は勝ち点3が必要だったんですが……。後ろが耐えてくれたのに、前が点を取れずに申し訳ない」

 大宮アルディージャのエースFW江坂任(あたる)は、無念さを噛み殺すように言った。ボクシングなら「判定勝ち」だったかもしれない。攻める時間は長く、疑惑のPKというシーンがあり、シュートは惜しくもバーを叩いた。ゴールだけが遠かった。

 この日、大宮は清水エスパルスと0-0で引き分けた。その結果、J1残留圏である15位(サンフレッチェ広島)との勝ち点差は5に広がった。

「もう一戦も落とせない」

 江坂は切実な声で言った。しかし、そこまで絶望的ではないだろう。
 

清水エスパルスのゴールに迫りながら無得点に終わった江坂任(大宮アルディージャ)

 9月30日、NACKスタジアム。J1第28節、17位の大宮は13位の清水を迎え撃っている。

「前半はうちがボールを持つ時間も長かった。右(サイドバック)は高い位置を取っていたので、自分はバランスを見て、抑え気味にプレーしていた」(大宮・渡部大輔)

 大宮は攻守にわたってイニシアチブを握っている。縦、横に効果的にボールを動かし、ゴール前までボールを持ち運ぶ。トレーニングによるプレー練度の高さが伝わった。

 清水戦は4-1-4-1ではなく、4-2-3-1(4-2-4にも近い)に変更。失点が続いていた守備を強化する形になった。守りが安定したことで、攻撃も潤滑に機能していた。

 18分には、カウエのくさびの縦パスを前線で横谷繁が受け、ターンしてスルーパス。エリア内に走り込んだ江坂がこれを受け、シュートにいくところ、ディフェンダーと交錯した。PKに映ったが、笛は鳴らなかった。

「序盤から引っかけられてカウンターを食らうなど、ボランチが研究され、思ったよりもプレッシャーを受けていた」(清水・小林伸二監督)

 引き分けを狙ったような戦い方をする清水に対し、大宮は優位に立った。

「システムとしては、今までの中では、個人的にはしっくりきました。ただ、ポゼッションからシュートの部分で足りなかった。コンビネーションなのか、個人の質なのか、点が入らない」(大宮・横谷)

 大宮は攻めながらも、仕留められない。そして後半開始からの15分は流れを失う。慎重になりすぎたのか、清水に完全に押し込まれた。

 その流れを変えたのは、エースだった。

「はっきりと裏へのボールを狙う、バックラインを押し上げる。そこを指示しました。江坂のランニングから起点になってくれて、流れが変わりました」(大宮・伊藤彰監督)

 長いボールを華麗なトラップでコントロールした江坂は、左サイドから際どいクロスを折り返している。これで警戒した清水を押し下げ、再びペースを握る。その後も、江坂は躍動した。右CKをヘディングシュートで狙い(ディフェンダーがクリア)、エリア内でボールを受けてマーカーを翻弄し、左足シュートはバーを叩いている。あと一歩まで迫った。

 しかし、大宮は攻めながらも得点を奪えない。勝利が必要なだけに、終盤はセンターバックの菊地光将を前線に上げ、パワープレーに及んでいる。しかしそれでも得点は生まれず、0―0のドローに終わった。

「点を取れる形がなかったわけではない。ただ、最後のクオリティを上げる必要がある。攻撃に入っていくパワー、人数も」(大宮・伊藤監督)

 大宮はこの日、2試合連続得点のマテウスを出場停止で欠いたことが、決定力の部分では痛手だった。先発に抜擢されたマルセロ・トスカーノはパワフルでアグレッシブだが、ボールを失う回数が多く、連係が噛み合わない場面も多く見られた。ベンチとしては、菊地を前線に上げるしかカードがなかった。

 しかし、大宮の残留はマテウス次第ではないだろう。

 やはり、チームのエースとして頭角を現した江坂に、救世主としての期待がかかる。残りシーズンでさらに殻を破れるか。スペースを察知し、マークを外し、ボールを叩く、その能力はJリーグで抜きん出ているのだ。

 欧州各国のリーグでも、「奇跡の残留」を果たしたクラブでは、ストライカーが暴れている。2004〜05シーズン、リーガエスパニョーラ史に残る残留を果たしたマジョルカは「残り7試合で残留圏と勝ち点11差、残留確率は5%以下」と報じられたが、FW大久保嘉人の無双の活躍で残留を果たした。昨シーズンのプレミアリーグでも、スウォンジーが残り5試合を4勝1分けとし、FWフェルナンド・ジョレンテの4得点で降格を免れている。

「(決定機でパスの選択肢もあったが、という質問に)前の選手である以上、パスよりもシュートという選択だった。あそこで決められたら、チームを助けられた。それができなかったのは実力。前がゴールを奪えるように。6連勝するしかない」

 江坂は挑むような目で語った。
 

■Jリーグ 記事一覧>>