山崎夕貴アナウンサー

写真拡大

1日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、山崎夕貴アナウンサーが、釣り銭に細かい人に嫌悪感を露わにした。

番組では「東野のこれどうですか? ニュース」のコーナーで、ネットで話題になっている会計の仕方について議論した。発端はある男性のネットへの投稿にある。会計680円に対し1180円を出したところ、連れの女性から「そういう出し方する男 気持ち悪い」と言われたというのだ。

MCの東野幸治は「俺、絶対これやります」「逆に小銭がパンパンやのに、680円に1000円出すヤツのほうが、気持ち悪い」と熱弁するなど、スタジオの男性陣は投稿の男性側に理解を示した。

ここで東野が、山崎アナが事前打ち合わせの際、「1180円で、500円玉1枚(のお釣り)で済まそうという、その気持ちが気持ち悪い」と話していたことを暴露する。出番が終わりスタジオを見学していた山崎アナは「500円玉をもらおうとする魂胆が気持ち悪い」と、あらためて断言。これには松本人志も「いやいや釣りや!!」と言えば、東野も「自分の金や!」ツッコミを入れる。

だが、山崎アナは「500円玉とか、5000円札とか、そういういいお札とか、いいコインをもらおうとする魂胆が、私生活でも響いてきそう」「その細かさがプライベートでも細かいんだろうなと想像(してしまう)」と持論を語った。松本は「これは女の人ならではのような気がするが…」と不思議がるのだった。

【関連記事】
古市憲寿氏がコンビニでの現金支払いに痛烈「今どき現金を使うのって頭悪い人」
お釣りの出し方問題 「バラいろダンディ」で非難が相次ぐ
遠野なぎこが店員の釣り銭の渡し方に苦言「すごく腹が立つ」と不快感