ランボルギーニのフラッグシップ『アヴェンタドール』の新たなハードコアモデルと思われるプロトタイプをカメラが捉えました。今回はクーペ&ロードスターのダブルスクープです。

「アヴェンタドール」のハイパフォーマンスモデルといえば、750psを発揮する「SV」(スーパーヴェローチェ)が限定発売されたことがあります。この新型モデルではさらなる高性能となるはずで、車名は確定ではありませんが、「ペルフォマンテ」を名乗る可能性が高いようです。

捉えた開発車両はミュールボディですが、リアには「ウラカン」の高性能版「ペルフォマンテ」のようなセンターツインエキゾーストパイプが見られます。予想されるパワーユニットは6.5リットルV型12気筒で、最高出力は780ps程度まで引き上げられると思われます。

「ウラカン ペルフォマンテ」に採用されたアクティブ・エアロダイナミクス・システム「ALA」(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)の搭載も確実視され、これまでにない高いダウンフォースを実現するはずです。

ウラカン ペルフォマンテは、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェにおいて、ポルシェ「918スパイダー」の記録を超える6分52秒01を叩き出しましたが、アヴェンタドール ペルフォマンテが登場すれば、新たなコースレコードは確実になるでしょう。

(APOLLO)

ランボルギーニの頂点へ…アヴェンタドールに780馬力の「ペルフォマンテ」開発中か?(http://clicccar.com/2017/10/01/514119/)