“仙台キラー”の興梠が2ゴール! 敵地5年連続弾で10戦13発、浦和の3-2勝利に貢献

写真拡大

相性抜群の浦和エース 得点ランク首位19ゴールに伸ばす

 浦和レッズは“仙台キラー”のエースFW興梠慎三の2ゴールなどで、1日のJ1第28節ベガルタ仙台戦に3-2で勝利した。

 興梠はこれで浦和加入後の仙台戦で10試合13ゴール、アウェー仙台戦では5年連続ゴールで、得点ランク首位の19ゴールに伸ばした。

 両者とも守備時に5バックになる布陣で、なかなかゴール前に迫ることができない時間が続いたなか、ゲームを動かしたのはセットプレーだった。前半25分、左サイドの低い位置でFKを得た浦和は、MF柏木陽介がペナルティーエリアすぐ外側のMF梅崎司に縦パス。梅崎からのリターンに柏木はダイレクトでクロスを中央に送ると、その間に相手のマークを外した興梠が飛び込み、打点の高いヘディングシュートを決めて1-0と先制に成功した。

 ホームの仙台はゴール前に入り込む形を作ることができず、逆に浦和に押し込まれる展開のまま1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 前半は安定していた浦和だったが、不用意な失点を喫する悪癖を後半立ち上がりに見せてしまう。後半5分、中盤で柏木からDF槙野智章への横パスが弱くなったところを仙台MF三田啓貴がカット。三田はそのままドリブルで浦和陣内を中央突破すると、ペナルティーエリア手前から左足を一閃。これがゴール右下に決まるミドルシュートとなり、仙台は浦和のミスに乗じて同点に追いついた。

昨季J1得点王のゴール数に到達

 浦和に流れた嫌なムードを振り払ったのは、またしても仙台戦に相性抜群のエースだった。同15分、右サイドバックのDF遠藤航が敵陣でボールをカットすると、MFラファエル・シルバとのコンビネーションで右サイドを突破。中央を確認して上げた遠藤のクロスに興梠が頭で合わせて勝ち越しゴール。これで興梠はこの日2点目で、2-1と浦和がリードを奪った。

 その後は次第に仙台が浦和を押し込む時間が長くなったが、同37分にR・シルバがMF武藤雄樹とのワンツーで抜け出し、GKとの1対1をゴール右に冷静に流し込んで追加点。仙台も同43分に左サイドからのクロスを途中出場のFWクリスランが頭で押し込んで1点を返したが、追撃は及ばず。浦和が3-2で勝利した。

 浦和は2010年に仙台がJ1昇格してからのアウェーゲームでは、通算1勝3分3敗と相性が悪かったが、昨季に続いて2年連続での勝利。この日の2得点で今季19得点とした興梠は、13年の浦和加入から仙台戦で10試合13ゴール、アウェーでも5年連続ゴールと完全なる“仙台キラー”ぶりを発揮している。そして、昨季にピーター・ウタカ(昨季広島)とレアンドロ(神戸)が得点王を獲得したゴール数に早くも並んだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images