肉体美が評判のイケメン俳優、アキラ100%に弟子入り

写真拡大

俳優のジョー・ナカムラが、9月29日放送の『有吉反省会』の「禊スペシャル」に出演し、アキラ100%による指導のもと、裸芸に挑戦した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、大久保佳代子、博多大吉。

香港や台湾を中心に俳優として活躍するジョーは、かつて番組で「どこでも服を脱いでしまうこと」を反省。そんな彼に課された禊は、おぼんで股間を隠す裸芸でブレイク中のアキラ100%に弟子入りするというものだった。

練習場で全裸のアキラ100%と対面したジョーは、アキラ100%から、「私のコントで丸腰刑事というコントがあるんですけど、それを2人でやらせていただければ」と伝えられる。さらに、4日後のライブで、その「丸腰刑事」を披露することが決定。さっそく練習のために全裸になったジョー。その鍛え上げられた体を見たアキラ100%は、「むちゃくちゃ良い体してますね!」と驚いていた。

まずは「丸腰刑事」のセリフや動きを確認。コントのストーリーは、アキラ100%の演じる先輩刑事と、ジョーの演じる後輩刑事が麻薬密売組織を逮捕するというもの。ジョーはさすが役者だけあり、すぐにセリフや動きを覚えてしまう。また、おぼんの取り扱いも慣れたもので、練習を開始してからほとんどポロリなし。アキラ100%からも「いいですね! 才能ありますね」と褒められるのだった。

続いては、股間の前でおぼんをくるりと回転させ、おぼん裏の警察マークを見せるという大技「警察です!」の練習に。アキラ100%のやり方を見た後、実際におぼんを回してみせるジョーだったが、ここで回転したおぼんが股間に当たってしまうというアクシデントが発生。「オウ!」と声を出して悶絶するジョーに、アキラ100%は「サイズがビッグなんで」と、優しくフォロー。続く「でんぐり返し」は、おぼんで股間を隠しながらでんぐり返しをするという高難度の大技。ポロリの危険が高いこの技に、さすがのジョーも「リスク高くないですか?」と不安の表情を見せていた。さらに、極めつけの大技が、相手のおぼんをそれぞれが持ってお互いのポロリを防ぐ「コンビネーション」。タイミングが合わないと、ポロリだけではなく、相手の股間をギュッと握ってしまうという悲劇も起きる危険な技だった。

計4時間、みっちりとアキラ100%から指導を受けたジョー。自宅での自主練習も行い、いよいよライブ当日を迎える。ライブは満員御礼で、客席には女性や子どもたちの姿も。決してポロリが許されない状況に、ジョーの緊張も高まっていく。

アキラ100%からの紹介を受けて、舞台に登場したジョー。あいさつ代わりの「警察です!」を成功させると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。続くアキラ100%との「コンビネーション」もポロリをせずに成功。不安だったクライマックスの「でんぐり返し」もビシっと決めると、会場は大盛り上がり。観客はスタンディングオベーションでジョーとアキラ100%の見事な“裸芸”を讃えていた。