亀田興毅氏

写真拡大

9月30日、日本テレビ「有吉反省会」には、元プロボクサーで3階級で世界王座を獲得した亀田興毅氏がゲスト出演。「私、亀田興毅は食べログ公認で食リポブログを更新しているのですが、何を食べても感想が全部『最強』になってしまう事を反省しに参りました」と自身の反省点を読み上げると、評価をする際に多用するという興毅氏独自の表現を紹介した。

ブログで食レポをする度に「最強」という言葉でお店や料理を褒める興毅氏だが、番組スタッフから「一番最強は何か?」と訊かれると、「最強に難しい質問ですね」と考えながらも「最強というと一番ですもん。いききってるじゃないですか。そんな簡単に軽々しくいったらダメ。最強に対して失礼」などと返答した。

それでも、「そんな簡単に『最強』使ってないですよ」とうそぶいたが、「肉が好きで食べることも好き。もともと減量とかやってるじゃないですか。年に4回試合やったとして、1ヶ月前から食べれないとしたら、4ヶ月食べない時期がある。夜のご飯て1食しかないじゃないですか。だからいい店に行こうとか」などと、『最強』の店ばかりに行っている理由を説明した。

ここで有吉弘行から「他に表現ない?」と訊かれると、「仕上がってる」、「いききってる」と紹介した興毅氏。有吉のTwitterフォロワー数が「680万人」と聞くと「いききってる」といい、バカリズムのフォロワー数が「150万人」と聞くと「仕上がってる」などと褒めてみせた。

その一方、有吉からダメな表現を訊かれた興毅氏は「ホンマにあかん時あるじゃないですか。『お前、かませ』っていう」と紹介すると、「かませ犬(アンダードッグ)」からとった表現だとして「使いやすい」とおどけてみせた。