米国務省のナウアート報道官は30日に声明を発表し、北朝鮮との間に接触のための「いくつかのチャンネル」があるとした上で、「非核化について(北朝鮮側に)関心や対話の用意があることを示すものはない」と明らかにした。

声明はまた、「(北朝鮮の)現体制の崩壊促進や体制転換、南北朝鮮統一の加速化、(南北軍事境界線に接する)非武装地帯(DMZ)北方への兵力展開に関心はないと、米国は確約している」と強調している。