30日、韓国ニュース1によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による核・ミサイル関連の現地指導が年を追うごとに増加している。この報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2017年9月30日、韓国ニュース1によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による核・ミサイル関連の現地指導が年を追うごとに増加している。

韓国統一研究院北朝鮮研究室のホン・ミン室長が最近発表した報告書「北朝鮮の核・ミサイル関連主要活動分析」によると、金委員長は今年に入って核・ミサイル関連の公開活動を17回行っており、これは今年の現地指導57回の約30%を占める。

金委員長の執権初年度(12年)の核・ミサイル関連の活動は、全現地指導151回のうちの5回で全体の3.3%にすぎなかった。翌年の13年には一時0.9%に減少したが、14年3.5%、15年3.9%に続き、16年には15.8%に急増した。

これに加えて、軍関連の公開活動の比重も年々増加しており、12年32.5%、13年32.1%、14年42.4%、15年38.6%、16年47.4%、今年に入って現段階で61.4%に急増している。

ホン室長は「金正恩執権以後、北朝鮮は核とミサイルの能力増強を中心に置き、対内外政策を駆使している」とし、「金正恩政権は、核兵器をリーダーシップの正当性と基準統治体制の強化メカニズムとして活用している」と分析した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「朝鮮半島で戦争が起こらないことを望む」「南北平和を」「米韓同盟を通して平和な朝鮮半島が維持されることを願う」「平和統一して、朝鮮半島を発展させよう」など、平和を望む声が多く寄せられた。

また、「北朝鮮にとっては普通の話。あえて取り上げるほどの内容じゃない」「北朝鮮にとっては核だけが生き残る道だからな」など、今の行動が北朝鮮側にとっては必然とする意見もあった。

その他に、「北朝鮮の核・ミサイル技術は年々進歩している。それに引き換え韓国は…。指導者が関心を持ってこそ技術は進歩する」「北朝鮮国民が本当にかわいそう」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)