マンC、指揮官が決勝弾のMFデ・ブライネを称賛「傑出した選手」

写真拡大

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネに称賛の言葉を送っている。イギリスメディア『BBC』が9月30日に伝えている。

 プレミアリーグ第7節が9月30日に行われ、マンチェスター・Cは昨季王者チェルシーと対戦した。注目の同試合はデ・ブライネの強烈なミドルシュートによる決勝弾でマンチェスター・Cがチェルシーを1−0で下し、勝利を収めた。マンチェスター・Cは現在プレミアリーグ首位に立っており、26歳のデ・ブライネもチームも共に良いシーズンのスタートを切っている。

 チェルシー戦後、同クラブのグアルディオラ監督は「ケヴィンは賢明で謙虚で恥ずかしがり屋の男だが、彼の持つクオリティーは見ればわかるだろう。クラブは彼を持つことができて幸運だ。本当に傑出した選手だと思う。彼はスピードと闘志を持ち、仲間を使いながら攻撃することができる」と決勝点を決めたデ・ブライネを称賛した。

 デ・ブライネの一撃で敗れてしまったチェルシーのアントニオ・コンテ監督も同選手について「完璧なプレーヤー。彼はトッププレーヤーだ。彼は技術も良いし、素早いし、良い人格を持っている。そして彼は本当によく走っているよ」と称えた。

 そして、、グアルディオラ監督は「彼はチェルシーと対戦する時は中盤のポジションでプレーしたが、彼は4〜6ポジションでプレーすることができる」と話すと、「彼のような才能のある選手を見つけることは容易ではない」と付け加え、同選手の才能に感服する様子を見せた。