武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間9月30日に行われたブンデスリーガ第7節のヴォルフスブルク対マインツで、マインツのFW武藤嘉紀がリーグ公式のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 先発でピッチに立った武藤は1点ビハインドで迎えた74分、MFレビン・エトゥズナリのクロスに反応してヘディングでゴールを決めた。武藤にとっては2試合ぶりの得点で今季リーグ戦3点目。カップ戦を含めると今季はすでに5得点を挙げている。

 ブンデスリーガでは、全ての試合でマン・オブ・ザ・マッチを選定しているが、日本人選手が選ばれるのは今季初とのことだ。

text by 編集部