決勝点アシストの鳥栖FW田川亨介「自分で行くのもありだなと思ったが…」

写真拡大

明治安田生命J1リーグ第28節が9月30日に行われ、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖と鹿島アントラーズが対戦した。試合は1-0で鳥栖の勝利。鳥栖FW田川亨介は試合後、決勝ゴールの場面を振り返った。

鳥栖は、MF福田晃斗がクロスに頭で合わせて先制。このゴールが決勝点となり、鹿島から勝利を収めた。この決勝点につながるクロスを供給した田川は、「中を見たらDFとDFの間に(福田)晃斗さんがいて。自分で行くのもありだなと思ったんですけど、(クロスを供給したら)良いところに入った」と自身のプレーを解説した。

田川は、前節・浦和レッズ戦で2得点を記録。今季序盤は途中出場が多かったが、先発で起用される機会が増えている。好調の理由を聞かれると、「スタメンで何回も出させてもらっているので、試合に慣れ出したっていうところもある。少しずつプレーに余裕ができてきている」と答えた。

鳥栖の良さが出たといえる試合。田川は「ビビらずに前半から果敢に、シュートもたくさん打ってた。物おじせずにガンガン行けた」と、首位・鹿島を相手に攻め切ったチームの姿勢を評価する。そして「やりたかったサッカー、そういうのが出てきた。これを継続してやっていけるように、チーム一丸となってやっていきたい」と力強く語った。