森岡亮太【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間9月30日に行われたベルギー1部リーグ第9節でベフェレンはアントワープをホームに迎え、3-0の勝利を収めた。MF森岡亮太が1ゴール1アシストを記録している。

 リーグ戦で2試合勝利がないベフェレンは、いつもどおり森岡を先発で起用。前半は0-0で終えたが、後半開始直後から試合が動いた。

 46分にボリエビッチが先制点を挙げてベフェレンがリードを奪うと、64分には森岡がゴールを決める。アンポマーのパスをペナルティエリア手前で受けた日本人MFは、即座にシュートを選択。インサイドで丁寧にコースを狙い、リードを広げた。

 81分には森岡のCKを受けたディエルクスが勝負を決める3点目を挙げ、ベフェレンがリーグ戦3試合ぶりの白星を飾った。

 第9節までリーグ戦全試合に先発している森岡は、今季5得点6アシストと好調を維持している。

text by 編集部