美容整形外科を受診する外国人が急増している(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】美容目的の整形手術や皮膚治療を受けるため昨年訪韓した外国人が10万人に迫ったことが、韓国保健福祉部の外国人患者誘致事業に関する資料で1日までに分かった。美容分野の診療費は2700億ウォン(約260億円)に上り、訪韓外国人全体の診療費の3割以上に達した。

 昨年、医療目的で訪韓した外国人は42万5380人だった。診療科別の割合は内科が20.0%で最多となり、次いで整形外科が11.3%、皮膚科が11.1%と続いた。整形外科と皮膚科を合わせると22.4%(9万5221人)を占めた。

 また、昨年の外国人患者の診療費は計8606億ウォンで、このうち整形外科は2211億ウォンと全体の25.7%を占めた。皮膚科は488億ウォンで、整形外科の診療費と合わせると計2699億ウォンと全体の31.4%に達した。

 外国人患者の国籍別では中国が12万7648人(35.0%)で最多、次いで米国4万8788人、日本2万6702人、ロシア2万5533人などの順で多かった。整形外科を受診した外国人患者では中国が2万7646人で57.7%と圧倒的に多く、日本(5.7%)、米国(5.0%)と続いた。

 保健福祉部から資料の提出を受けた国会保健福祉委員会の南仁順(ナム・インスン)議員(与党・共に民主党)は、朴槿恵(パク・クネ)前政権が推進した外国人患者誘致事業で美容整形分野に力を入れて多くの批判を浴びたと指摘。「政府は誘致事業を全面再検討すべきだ」とした上で、今後は重症・難病治療における韓国の高い医療技術をPRする必要があると述べた。