バーディ発進の畑岡奈紗 連覇なるか(撮影:上山敬太)

写真拡大

<日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日◇1日◇我孫子ゴルフ倶楽部 (6,706ヤード・パー72)>
国内女子メジャー「日本女子オープン」の最終日。2週連続V&連覇がかかる畑岡奈紗が、日本ツアー1戦1勝のキム・ヘリム(韓国)とともに最終組でスタート。3日目を終え、13アンダーで単独首位に立った畑岡は1番をバーディ、2打差の2位タイで出たヘリムはボギーとしている。
【関連写真】決定的瞬間を見逃すな!日本女子OP最終日リアルタイムフォト
ヘリムと同じ11アンダー・2位タイで最終組の1つ前でスタートした申ジエ(韓国)は、1番をパーで最終日のラウンドに臨んでいる。9アンダー・4位タイで出たチェ・ヘジン(韓国)は1番でダブルボギーを叩き、優勝争いから1歩後退した。
昨年の畑岡奈紗が持つ最年少メジャー優勝記録がかかっているアマチュアの小倉彩愛は、2番まで消化した時点でスコアを1つ伸ばし、トータル10アンダーとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

54ホール大会記録で首位キープの畑岡奈紗 40年ぶり史上2人目の連覇は「あまり考えてない」
「明日がすごく楽しみ」 有村智恵、シードよりも5年ぶりVに照準
8kgも増量…2位浮上のキム・ヘリム、強さの裏にキム・ハヌルも認める努力
松山英樹参戦中「ザ・プレジデンツカップ」の最新結果はこちらでチェック!
生き残りをかけた石川遼の戦い「ウェブドットコムツアー・ファイナルズ」を特集