肛門腺とは?

犬の飼い主さんならばご存知かと思いますが、犬には肛門腺という人間にはない器官があります。肛門腺とは肛門の左右にある臭腺のことで、アナログの時計に例えると4時と8時の位置にあります。肛門腺は袋状になっており、肛門嚢(こうもんのう)とも呼ばれます。

肛門腺には肛門腺液または肛門嚢液などと呼ばれる分泌物が貯留されており、この分泌物は液状であったりぺースト状であったり、色も薄黄色、黒茶色、灰色など犬によってそれぞれ異なります。

分泌物のにおいもまた犬によってそれぞれ異なり、このにおいにはその犬の情報が満載で、犬同士がお尻のにおいを嗅ぎ合うのは分泌物のにおいから相手の情報を得るためだと言われています。

因みに、肛門腺の分泌物のにおいは大変強烈です。

肛門腺絞りの必要性

通常、便をするときに外肛門括約筋によって肛門腺が圧迫され、肛門腺の分泌物は便と一緒に排出されます。また、犬が驚いたり興奮したときに排出されることもあります。

ですが、小型犬や老犬など外肛門括約筋の力が弱い犬は自力で分泌物を排出することが難しく、分泌物が溜まり続けることになります。

分泌物が溜まり続けると炎症や化膿を起こしたり、ひどいときは破裂することもあります。

炎症が起きた状態を肛門腺炎(肛門嚢炎)と言い、それがさらに悪化して破裂した状態を肛門腺破裂(肛門嚢破裂)と言いますが、このような病気を引き起こさないためにも、自力で肛門腺の分泌物を出すことが難しい犬には定期的に肛門腺を絞ってあげる必要があります。

肛門腺絞りは自宅で行っても大丈夫?

肛門腺絞りはトリミングサロンや動物病院で行ってもらえますが、有資格者のみが行える行為というわけではないので、耳掃除や爪切りと同様に自宅で飼い主さんが行っても大丈夫です。ですが、準備や手順がありますので以下からご紹介していきます。

肛門腺の絞り方

自宅で肛門腺絞りを行う場合、どのように行えば良いのでしょうか?肛門腺の絞り方をご紹介します。

肛門腺を絞る前にチェック!

愛犬の肛門周りに傷や炎症、出血はないですか?飼い主さんの爪は切ってありますか?分泌物が飛び散っても大丈夫なように準備はできていますか?

愛犬の肛門周りに傷や炎症などがあるときに肛門腺絞りを行ってしまうと、症状を悪化させてしまうかもしれません。肛門周りに異常が見られる場合は、動物病院で診察を受けましょう。

愛犬の肛門周りを傷つけては大変ですので、肛門絞りをする前に飼い主さんの爪を短く切っておきましょう。

肛門腺の分泌物は勢いよく出て、周囲に飛び散ることがあります。分泌物には色がついており、においも非常に強く、付着するとなかなか取れません。

ですから、飼い主さんは汚れても良い服に着替え、下に新聞紙を敷くなど分泌物が飛び散っても大丈夫なように準備しておきましょう。すぐに洗い流せるように、お風呂場で行うのも手です。

肛門腺の絞り方

仝い鯲たせた状態で、利き手とは反対の手で尻尾を持ち上げ、肛門を見えるようにします。▲▲淵蹈飴計の4時と8時の位置に利き手の親指と人差し指を当てます。2本の指で肛門を挟み、下から上に向かって押し上げるようにして絞り上げます。な泌物を絞り切れたら犬のお尻をシャワーで洗い流すか、ウエットティッシュできれいに拭き取ります。

では力を入れすぎず、少しずつゆっくり押し上げましょう。また、何枚か重ねたティッシュペーパーを肛門に被せて行うと、分泌物が周りに飛び散るのを防げます。

あとから痒がったりしないように、い任靴辰りお尻をきれいにしてあげましょう。

肛門腺絞りの間隔は?

自力で肛門腺の分泌物を出すことが難しい犬には定期的な肛門腺絞りが必要になりますが、1ヶ月に1回を目安にして行うと良いでしょう。

ですが、肛門腺が溜まりやすい犬もいます。肛門腺が溜まってくるとしきりに肛門を舐めたり、床にお尻を擦りつけたりするのでこのようなしぐさが見られたら、肛門腺絞りを行ってあげましょう。

自宅での肛門腺絞りは難しいと感じたら?

犬によって肛門腺が絞りやすかったり絞りにくかったりしますし、肛門腺の分泌物が固いこともあります。また、デリケートな部分である肛門を触られるのを愛犬が嫌がる場合もあるでしょう。

自宅で肛門腺絞りを行えるとはいえ、飼い主さんが自分で行うのは難しいと感じたときは無理をせず、動物病院やトリミングサロンにお任せしましょう。

まとめ

肛門腺の分泌物が溜まり続けると肛門腺炎(肛門嚢炎)になってしまい、愛犬につらい思いをさせてしまうかもしれません。愛犬が自力で分泌物を出すことが難しいタイプである場合は、定期的に肛門腺絞りを行ってあげましょう。

肛門腺絞りは耳掃除や爪切りと同様、自宅でも行えます。愛犬が肛門腺に分泌物が溜まりやすいタイプならば、自宅での肛門腺絞りに挑戦してみるのも良いかもしれません。ですが、無理は禁物です。自宅で行うのは難しいと感じたときは、動物病院やトリミングサロンにお任せしましょう。


(獣医師監修:加藤桂子先生)