好調バルサを支えるパウリーニョ 移籍の舞台裏にあった英雄メッシの“粋な計らい”

写真拡大

今年6月の代表戦で試合中に質問を受ける 「君はバルサに来るの? どうなの?」

 バルセロナは今季リーグ戦6戦全勝と好スタートを切り、主力選手のブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンに引き抜かれた穴を感じさせていない。

 その一端を担っているのが、今夏に広州恒大から移籍金4000万ユーロ(約52億円)で加入したブラジル代表MFパウリーニョだ。すでに2ゴールを挙げるなど予想以上の活躍を見せているが、このブラジル人MFの移籍を後押ししたのはエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだったという。スペイン紙「ペリオディコ・デ・カタルーニャ」が報じている。

 パウリーニョが同紙のインタビューで語ったのは、今年6月9日にオーストラリアのオーストラリアのメルボルン・クリケット・グラウンドで行われたブラジル対アルゼンチン戦(0-1)での“ある出来事”だった。

「僕はウィリアンと、誰だか思い出せないけれど、もう一人とともにFKを蹴ろうとしていた。その時に突然メッシが背後にいた。彼はゆっくりと近づいてきたんだよ」

 親善試合とはいえ、南米の名門同士の負けられない一戦。アルゼンチンの英雄の行動にパウリーニョは驚きを隠せなかった。そして、メッシは試合中にもかかわらず「君はバルサにくるの? どうなの?」とバルサ移籍について尋ねてきたという。

「もし、あなたが僕を獲得したいなら…」

 そこでパウリーニョは、プレー再開の直前にメッシの方を向き、「もし、あなたが僕を獲得したいというなら、獲得できるよ」と希望を聞くかのように返答。「すごくナーバスになった」というが、メッシの粋な計らいをきっかけに、試合後にユニフォームを交換して交流を深めたと明かしている。

 メッシに“お伺い”を立てた効果だったのだろうか。実際にバルサの一員となったパウリーニョはチームの序盤の躍進を支えており、本人も「ここ(バルセロナ)に来れて僕は幸せなんだ」と喜びを語っている。

 今季公式戦12得点2アシストと爆発中のメッシだが、プレー以外でも多大な貢献を見せている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images