ヤルモレンコとゴールを祝う香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 ボルシア・ドルトムントは9月30日、敵地でアウクスブルクに勝利した。決勝点を挙げたMF香川真司は、世界最強クラブとの戦いに参加できなかった悔しさを抱えていた。(取材・文:本田千尋【アウクスブルク】)

-------

「あのシャルケ戦」を超えるループシュート

 フラストレーションこそが芸術の源なのだろうか。9月30日に行われたブンデスリーガ第7節、対FCアウクスブルク戦。1-1で迎えた23分、誰もが目を奪われた。立役者はボルシア・ドルトムントの背番号23。ペナルティエリア内の右側で、アンドリー・ヤルモレンコからのパスを、右足でふわりと浮かせてシュート。GKヒッツの右手も及ばず、ボールはそのままゴールに吸い込まれていった。

 香川真司は「まあシャルケ戦じゃないですけど」と前置きした上で、「本当にあの瞬間に、ループを狙える、そういうのがイメージとして湧いて、無駄な力もなかった」と振り返った。

「僕としては、本当にシャルケ戦以上の、あのゴールも素晴らしかったですけど、あれ以上に、美しいって自分で言ったら変ですけど、ゴールが決まったと思っているし、良かったと思います」

 勝ち越しのループ。ただ美しかった。「シャルケ戦」に匹敵する、いや、「シャルケ戦以上の」鮮やかなゴール。

 香川の言う「シャルケ戦」とは、16年4月10日に行われた15/16シーズンの第29節。敵地でのレヴィア・ダービーのことだ。この時はエリアの外側から、49分、今回のアウクスブルク戦と同じように右から左へループシュートを決めている。フェルティンス・アレーナを包んだ、一瞬の静寂。

 それからおよそ1年半後、香川はまたしても、ブンデスでは彼にしか成し得ない芸術的なゴールを、今度はアウクスブルクの地で決めたのだ。

 香川は「やるしかなかったですし、見せるしかなかったです」と言う。魔法のようなループを生んだのは、ヤルモレンコとの間で深まる連係や、持ち前の技術だけではなかった。

「レアル戦は悔しかった。受け入れるしかなかった」

 日本代表MFの心の中では、この一戦に向けて期するところがあった。

「僕個人としては、この前のレアル戦を踏まえて、自分自身の現状評価が分かる試合だった分、今日の試合っていうのは、大事でした」

 4日前にホームで行われたチャンピオンズリーグ、レアル・マドリード戦。欧州最高峰の舞台、欧州最強との試合で、香川はベンチ入りしたが、最後まで出番は訪れなかった。大事な試合で必要とされない力。左肩の脱臼の影響で出遅れたとは言え、ごく乱暴に言ってしまえば、それがピーター・ボス監督の香川に対する「現状評価」だ。

「レアル戦を見たらね、誰もが今の現状を分かるというか。なので自分としてはすごく悔しかったですし、逆にそういう現状だと分かった分、それを受け入れるしかなかったので、それを踏まえての今日の試合でしたけど、だから、やるしかなかったですし、見せるしかなかったです」

 レアル戦で出場機会が無かったことによる、葛藤とフラストレーション。

「あの舞台で、あの相手に試合をやりたかった。その感情はありましたけど、ただ、次に向かわなきゃいけないし、終わったことに対して、ああだこうだ言っていても何の意味もないと思っていた」

 悔しさを糧に練習に打ち込み、気持ちを消化して迎えたアウクスブルク戦。香川は右インサイドハーフで先発出場する。開始早々から積極的にシュートを打つ。「攻守においてすごく強さを感じた」アウクスブルクを相手に、スペースを有効活用して、ボールを受け、展開し、攻撃のタクトを振るう。

 そして23分に生まれたのが、あの「美しい」ループだった。

「監督がかわれば、選手がかわるのも当たり前なので、そういう意味では結果を残すことで、自分の存在をしっかりと伝えていかないといけないですし、それは層が厚い分、今後も求められると思っている」

求められる結果の先に…

 アウクスブルク戦で結果を残した香川。のみならず芸術的な一撃で、唯一無二の存在感を示した。その創造性の源は、フラストレーションか、それとも生き残ろうとする純粋な意思か。確かなことは、「結果」は「今後も求められる」ということだ。

 次のレアル・マドリード戦は12月6日、舞台はサンチャゴ・ベルナベウ。CLのグループステージはホーム&アウェイの2回戦総当たりである。

 戦い続ければ、リベンジの機会は残されている。

(取材・文:本田千尋【アウクスブルク】)

text by 本田千尋