2戦連続先発出場の堂安、リーグ戦初ゴールに「まさか右足とは…」

写真拡大

 エールディヴィジ初ゴールを決めたMF堂安律がインスタグラムで喜びのコメントを残している。

 9月30日に行われたエールディヴィジ第7節のズヴォレ戦に、前節から2試合連続で先発出場を果たした堂安。ペナルティエリア内左フリーだった堂安にボールが渡ると、左足でワントラップ。冷静に右足で放ったシュートは、詰めたDFとGKの股を連続で抜いてゴールネットを揺らした。堂安のゴールで先制したものの、チームは終盤に逆転ゴールを許し2−3で敗戦となった。

 21日のKVVBカップ(オランダカップ)1回戦のヘラクレス戦で移籍後初ゴールを決め、前節も堂安のシュートがゴールにつながるなど、好調を維持している。開幕戦以降、先発出場がなく難しい時期もあったが、ここ2試合は連続で先発出場して結果を残すなどポジションを確保しつつある。

 堂安は試合後にインスタグラムを更新。英語と日本語で綴られたメッセージには「シーズン初ゴール! 次こそはチームを勝利に導くゴールを取れるよう頑張ります! 初ゴールがまさか右足とは。。。笑」と利き足ではない右足でのゴールに驚きを見せていた。

https://www.instagram.com/p/BZrz81iAwzo/

 堂安が所属するフローニンゲンは次節、ホームでAZと対戦する。