ファッション通販「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」が1日、「送料自由」とするサービスを試験的にスタートさせた。

 サイトでは「本日10月1日よりZOZOTOWNの送料は、お客様に自由に決めていただけるようになりました。お客様のご都合やお気持ちに合わせてご自由に設定ください」と説明。「私たちは引き続き、宅配会社様のご協力のもと最高の配送サービスを提供できるよう努めてまいります」とした。

 商品をカートに入れて購入画面に進むと送料の入力画面が表示される仕組みで、「当サービスは試験的実施のため、予告なく変更・終了する場合がございます」としている。これまでZOZOTOWNでは購入代金が税込4999円以上の場合に送料無料、それ未満の場合には399円の配送料がかかっていた。

 「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの創業者で社長の前沢友作氏(41)は自身のツイッターで「本日よりZOZOTOWNの送料は、お客様のお気持ちやご都合で自由に決めていただけるようになりました」と報告。「0円でも500円でもお客様の自由です。自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います。よろしくお願いします」と説明した。