ベイル、エスパニョール戦前日トレーニングに不参加

写真拡大

チャンピオンズリーグ2017-18のボルシア・ドルトムント戦で負傷したガレス・ベイルは依然、怪我に悩まされ続けている。 
彼はレアル・マドリード加入以降、実に約50%の試合を欠場している。 
ベイルはチームメイト達がピッチでトレーニングを行っている間、ジムでリハビリを行うにとどまった。 

同様に負傷離脱中のマルセロ、ベンゼマ、コバチッチ、テオ・エルナンデスも同トレーニングには参加していないが、怪我から復帰したバジェホは参加した。 

統計データを見ると、レアル・マドリードにとってエスパニョール戦は非常に相性が良いようだ。 
エスパニョールはサンティアゴ・ベルナベウで21年間、未勝利が続いているだけでなく、リーガの最近10試合は全てレアル・マドリードが勝利している。