日本代表招集外の本田、ネカクサ戦に途中出場もゴールに絡めずアピールならず

写真拡大

後半20分からトップ下で出場も、相手の厳しいマークでゴール前に近づけず

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間9月30日に行われたメキシコリーグ(リーガMX)前期第12節ネカクサ戦に途中出場したものの、得点に絡めず見せ場はなし。

 試合も0-0のスコアレスドローに終わった。

 本田は前節クルス・アスル戦の終盤に途中出場。後半44分にはカウンターからのドリブルシュートで移籍後2点目となるゴールをマークした。2試合連続ゴールの期待がかかる中でのネカクサ戦となったが、この日もベンチスタートで勝負どころでの起用となった。

 試合はパチューカがネカクサのカウンターに手を焼く場面があるなど、後半途中まで両チームともに得点が生まれない膠着した展開。パチューカは状況を打開するために後半20分に2枚替えを決断し、本田はトップ下の位置に入った。

 日本人ファンも見つめる中、本田はドリブル突破でカウンターの起点になろうとしたが、相手の厳しいマークもありなかなかゴール前へと近づくことができず。試合終盤には左サイドの直接FKを任されたもののクロスは大きくターゲットから外れるなど、決定的な場面を創出するには至らなかった。

 本田はキリンチャレンジカップの日本代表メンバーから外れており、バヒド・ハリルホジッチ監督が求めるコンディション復調を果たすためにスタメンの座を奪い取りたいところだが、2試合連続のアピールとはならなかった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images