「お酒を飲んでも、自宅に帰るまでは気を張っている」という武田梨奈

写真拡大

9月30日(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、武田梨奈が、東京・高円寺にある絶品貝の名店「あぶさん」へ。10月3日(火)から地上波初放送となるドラマ「ワカコ酒」(テレビ東京系)主演の武田が、のんべえになったきっかけを明かした。

【写真を見る】10歳のころから始めたという空手で鍛えた美脚を披露する武田梨奈

まずは、「活貝盛り合わせ」や「焼き貝盛り合わせ」をアテに生ビールや日本酒で乾杯。海外でもアクション女優として活躍する武田は、父の影響で10歳から空手を習い、黒帯保持者だとか。“アクションの平成代表を務めたい”という武田は、「来年は海外に行きたいと思います!」と今後の展望を語った。

シーズン3となった主演ドラマ「ワカコ酒」が好評だが、ドラマの撮影時は本番でも本当にお酒を飲んでいるそう。それまではまったくお酒が飲めなかったが、今では2日に1回は飲みに行くようになったという。武田は「飲みにケーションという時代をもう1回作りたいと思っています」と語り、松岡と大吉は大きくうなずきながら同調。大吉は「飲めない人は、吐けば強くなる!(笑)」と持論を展開した。

次の訪れたのは立ち飲み「ほんずなし」。「ねぶた漬け」「イカメンチ」をアテにりんご酢ハイボールで乾杯。今度は武田の恋愛話に…。例えお酒を飲んでも、自宅に帰るまでは気を張っているという武田だが、意外にも「上から来るような強めの男性が好き」とコメント。最後は、番組史上あまり例を見ない丼ものという炭水化物を勝手にオーダーし、松岡に「この後どうせ、200〜300回は腹筋をやるんでしょ?」とツッこまれ、大爆笑した。

次回は10月7日(土)夜0:50より放送予定。松岡と大吉が、中野でぶらり飲みする。