「(競技中、セクシーゾーンが見えたら)加点じゃないんですか?」と尋ねる指原莉乃

写真拡大

一流芸能人が自らの過ちを告白し償う「有吉反省会」(日本テレビ系)。9月30日(土)の放送では、女優の渡辺めぐみが出演、自身が3位に入賞したボディビル大会について語った。

【写真を見る】ボディビル大会の“エリートビキニ”部門で3位入賞したときの渡辺めぐみ/※画像は渡辺めぐみ公式Instagram(meguheart)のスクリーンショットです

渡辺は1982年デビュー、「笑っていいとも!」(フジ系)の「よめきんトリオ」で一躍人気者となった。

そんな渡辺が先日、ボディビル大会のビキニが似合う女性部門にエントリーし、3位入賞、53歳とは思えない鍛えられた体を披露したのだ。

しかし、そのトレーニング風景が全然かっこよくないとネットで話題に。女優ならば普通、インスタ映えするようなキラキラした美しい写真になるが、渡辺は必死すぎる表情ばかりを晒してしまい、かっこよさゼロ。53歳が無理する姿のみなのであった。

「すごい顔でやってらっしゃいましたねえ」と有吉弘行がツッコむと「でもね、普通に筋トレやってる人なら分かってくれる。これ普通なんです。ここまでいかないと筋肉はできない。これでもマシな方。白目むいちゃったりとか」と断言。

「なんでそんなハードトレーニングを始めたんですか?」と有吉が尋ねると「毎年ハワイに行ったら、友達のプロカメラマンが水着写真を撮ってくれるんですけど、ことしの正月に1年ぶりに撮ったら、ひどかった。それで周りが筋トレを始めろと」ときっかけを説明した。

「ボディビルとはちょっと違う?」と有吉がさらに尋ね「ボディビルダーも同じ大会に出ていて、その中に色んなカテゴリーがあって、ことしから40歳オーバー枠ができたんで、“エリートビキニ”というところにエントリーをして」と答えると、スタジオ一同、そのカテゴリー名に大爆笑、有吉も「かっこいい!」と称賛。

「ポージングとかあるんですか?」という有吉に「まずやっちゃうか!」と披露する渡辺が「セクシーゾーンが見えちゃうかどうかでドキドキしちゃう」と告白。有吉が「セクシーゾーンが見えたら減点?」、指原が「加点じゃないんですか?」と聞くと「退場ですね!」と答えたが、バカリズムは「優勝ですね」とツッコミ、スタジオを笑わせていた。

次回は、10月7日(土)夜11:30〜放送予定。ゲストは、ダコタ・ローズほか。