写真はイメージです

写真拡大

かつては理想の相手だと思えたのに、いつしか「こんな女ではなかった」と思うようになる……。そうした「不幸」を避けるにはどうすればいいのか。教育や子育て、介護などのアドバイザーとして多くの女性と接してきた鳥居りんこ氏が、年を重ねるほど「嫌な女になり、パートナーの男性を不幸にするタイプ」と、「パートナーを末永く幸せにするタイプ」の共通点をそれぞれ5つ挙げて考察した。ベストな異性を見分けるポイントとは――。

■年を重ねると“心が劣化”する女性とは?

以前、図書館で知り合った70代後半の男性にこう聞かれたことがある。

「失礼ですが、推理小説はお好きですか? よく読まれますか?」
「学生時代にアガサ・クリスティーにはまったくらいで、今はあまり読まなくて……」

そう答えると、男性は私にこんな謎解きを要求してきたのだ。

「家内はほとんど家事もせず、ここ何年もずっと推理小説ばかりを読んでいるんです。それで僕がなじるようなことを言ってしまったために、家内がこう言い返してきたんですよ。『アンタの老後が楽しみね』って。もしかして、家内は僕を亡き者にしようと、推理小説で完全犯罪の手口を勉強しているんじゃないかって怖いんです。推理小説を女性が読む動機はなんでしょうか?」

男性は「家内はああいう女ではなかったはずなんですが……」と言い、結局「推理小説以外で、女性向けの面白い本があったら、教えてもらえませんか?」という話になった。金婚式を迎えようかという二人が恐ろしい冷戦状態になっている事実にやるせない思いを持った。

▼絶対近寄ってはいけない女性になぜ男性は弱いのか?

「前はああいう女ではなかった……」。なぜそんなことになってしまうのか。誰しもできれば生涯にわたって、心ときめく異性と時を紡いだほうが人生の幸福度は上がるだろう。

今回は、若いうちは特に問題ではなかったのに、年を重ねるうち男性にとってはしんどくなってしまうケースがあるということを踏まえて、「心が劣化する女性」を見分けるポイントを考えてみたいと思う。

あくまでも筆者の所感なので、偏りがあると思うが、女性との付き合いを深めるうえで何かの参考になれば幸いだ。

■夫が手伝わないと怒り、手伝っても怒る「起爆スイッチ女」

▼彼女・妻にすべきではない女性のタイプ1:べきねば女

「○○すべき」「○○せねば」というように、凝り固まった思考に覆われ、柔軟性に欠ける女性を指す。

このタイプの女性は自分が常に正しいと思い込む傾向があるために、家庭内絶対君主に君臨しやすい。結果として、夫やわが子を支配してしまいがちになる。洗濯物の干し方、皿の洗い方などの家事に譲れないマイルールがある女性は要注意だ。

こういう女性は夫が手伝わないと怒り、手伝っても怒るという、「起爆スイッチ」が豊富にある家庭を作りやすい。年齢が上がるとともに、余計に心のコリが固まるタイプといえる。

物事を自分の思うとおりにしたがる女性は相手にも気持ちがあるということがわからないので、結婚生活は非常に厳しいものになっていく。

▼彼女・妻にすべきではない女性のタイプ2:脅迫女

『ふってあげる』というユーミン(松任谷由実)の歌がある。彼氏に振られそうな“主人公”の女性が「それなら死のうかな」と相手を脅かしてまで繋ぎとめておきたくなるものの、「そんなことをしても、もう彼の気持ちは帰ってこない……」と嘆くのだ。「別れの予感」を感じる度に、こういう脅しで相手の注意を引き付けようとする女性がいる。

また、似たタイプに「呪術女」というものも存在する。相手に「呪い」をかけるのである。「一生、恨む」と口にしてみたり「未来の不幸」を予言したり。脅迫女も呪術女も男性の戦闘能力を奪い去る能力に秀でているので、こういう女性には近寄らないほうが身のためだ。

▼彼女・妻にすべきではない女性のタイプ3:アニバ女

「アニバーサリー女」の略である。つまり「記念日女」だ。

「付き合って1000日記念日」「初めてふたりでペアカップを買った記念日」などと記念日を増やし始めたら危険信号だ。「アニバ女」も、「べきねば女」と同じく、たくさんの「起爆スイッチ」をもっている。

このタイプは愛を過剰に要求してくるので、良好な関係を続けるためには、相手への愛情の深さを示す「アモーレ偏差値」をかなりの努力で上げていく必要がある。それが難しいのであれば「受験」そのものを諦めたほうがいいだろう。

■自分の意思を明確にしないずるい女=にゃらにゃら女

▼彼女・妻にすべきではない女性のタイプ4:にゃらにゃら女

筆者の友人はつかみどころなく、ずるい女を「にゃらにゃらしている」と呼ぶ。うまい表現だなと思って、ここでも紹介したい。意図的に自分の意思を明確にせず、面倒ごとから逃げ回る女性だ。男性には非常にわかりにくいかもしれないが、女性にはこのタイプの人間がかなりの割合でいる。

「にゃらにゃら女」は、飲み会の幹事は絶対にやらない。「私、あまり、そういうの得意じゃないから……」「私、お店、知らなくて……」と逃げ回る。

こういうタイプはPTA役員、自治会当番、家族の介護などを、他人に押し付けても「ラッキー」としか思わない。悪びれる様子も一切ない。そういうことを繰り返していくことによって、徐々に「やってもらって当然」という思考になっていき、他人に対する気遣いがゼロになってしまうのだろう。共に暮らすうちに「他人」の筆頭は「あなた本人」になっていく。

▼彼女・妻にすべきではない女性のタイプ5:3D女

「だって」「でも」「どうせ」が口癖の女性である。

どんな出来事でも他人のせいにして、自らの責任では動かない。言い訳ばかりで反省しないため成長もしない。このタイプは年を重ねると「自分の人生がうまくいかないのは他人が悪いからだ」という思考に陥る。

最終的な帰結は大体決まっている。「私の人生がうまくいかないのは、夫が悪いからだ」と考えて、夫を責めるようになるのだ。

この「3D女」の進化系が「反芻女」である。

過去、自分が受けたという「仕打ち」を、現在起きている出来事のように反芻して被害者意識を増長させていく。これは情緒の不安定なタイプに多い。ヒステリックに「どうして?」「私が何かした?」と叫ぶことがあれば、あなたは将来的に「加害者」の称号を得ることになるだろう。犯罪に巻き込まれてしまうまえに、そっと離れたほうが安全だ。

■一緒にいると末永く幸せでいられる女の共通点5

では、反対に「一緒にいると末永く幸せでいられる女」もご紹介しよう。

▼彼女・妻にすべき女性のタイプ1:チャージ機能を持つ女

石川啄木は「友がみな、われよりえらく見ゆる日よ、花を買い来て、妻とたしなむ」という短歌を残している。人生は山あり谷ありで、当然、いい時ばかりではない。友が全員、自分よりも上に感じてしまう夜もあろう。

そんな気落ちした状態の時にこそ、威力を発揮する女性がいる。家庭は「チャージ場所」であるということを理解して、家族に「元気玉」を渡してくれる女性を手放してはいけない。

▼彼女・妻にすべき女性のタイプ2:パワースポットになれる女

一言でいえば「運がいい女」ということだ。

手相占い芸人の島田秀平さんは「運は『運ぶ』と書き実際に足を運ぶ人、行動する人が『運がいい人』になる。もうひとつ『運がいい』と思っている人は自分の実力で成功したわけではないことがわかっている。即ち『何か他の力=運』によってラッキーになっていると感謝できる」と言っている。

こういうふうに自ら動き、さらにその結果に感謝できるという「運がいい女」がこの世には実在する。こういう考えを持つ女性は家族のピンチにも動じないだろう。むしろ、そのピンチをチャンスに変える能力を発揮するはずだ。そうした柔軟な生き方ができる女性は幸せを運んでくる。

▼彼女・妻にすべき女性のタイプ3:陽気な占い師

家族に暗雲が立ち込めた時、未来を悲観しない女性がいる家庭は強い。「悪いことは起こらない」「大丈夫」とポジティブシンキングで将来に希望を見ている女性の傍にいるだけで、本当にそういう気持ちになってくるのだ。

そういう女性は大概、「日の当たる場所」と「当たらない場所」の両方を経験している。物事には表と裏がある。光の素晴らしさも陰の大切さも熟知しているのだ。

■“自ゲロ自始末”できる女は最強の相棒である

▼彼女・妻にすべき女性のタイプ4:人生を楽しもうとする女

学ぶことが苦にならず、好奇心を失わない女性といると単純に楽しい。いろんな「窓」を持っている女性は刺激的なので、時間をともに過ごすほど、互いに成長することができる。将来を明るく見通すだけでなく、現在を楽しめるタイプの人は、ピンチにも強いだろう。

▼彼女・妻にすべき女性のタイプ5:“自ゲロ自始末”できる女

「自ゲロ自始末」とは、ある大学の体育会で使われている言葉で、「合宿所での己の深夜の吐瀉物は翌朝、自分で始末せよ」という意味だそうだ。私は「自ゲロ自始末」という響きが気に入り、友人たちと誰かに「依存しない」という意味で度々使っている。

「自ゲロ自始末」という覚悟を持っている女性はきちんとした根を張ることができるので、パートナーとしては最強の相棒になるだろう。

以上、一緒にいると不幸になるタイプと幸せになるタイプを挙げてみた。あくまで私の人間観だが、何かの参考になれば幸いだ。

(エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー、介護アドバイザー 鳥居 りんこ)