元・ビリギャルが「ママ大学」開校!子育てのワクワクを集めた“セレクトショップ“のようなイベント

写真拡大

大ベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)。

我が子のやる気は親の声がけ次第!「ビリギャル」の坪田先生が生徒を飛躍的に伸ばした方法

2015年には映画化もされました。本作のモデルとなった「ビリギャル」小林さやかさんが

「渋谷でママ大学」というママ向けイベントを1日限定で開催することに。

イベント開催にいたったいきさつや、意気込み、今後の活動についてお話を伺いました。

子どもたちに、人生楽しんでる大人の姿を見せつけたい!

今回、『渋谷でママ大学』を開催することになった経緯を教えてください。

小林さやかさん(以下、さやかさん):ビリギャルというと、まだ世の中的には「大学生でしょ?」と思われているみたいで、なぜママ向けイベントなの?と疑問に感じるかもしれないですね。

実際は、2年くらい前から講演活動の依頼が増えてきて、全国の中高生や親御さんに話をする機会をいただいて、色んな親子の相談に乗ってきました。

学生さんからは「偏差値をあと20上げるにはどうしたらいい?」とか具体的な勉強法を聞かれるんだけど、私が講演で伝えたいのはいい大学に行けとか勉強しろということではなくて、自分がワクワクするものを見つける力を持ってほしいって話なんです。

私が慶応義塾大学に行きたいと思ったのは、恩師である坪田先生に出会って「こんなに面白い大人がいるんだな」って思って、ワクワクしたからなんですよね。

実際、講演を始めるときは、学生のみんなも「この人もどうせ先生と同じようなことを、勉強しろって言うんだろうな」って顔をしてるんですけど、「勉強がつまらなくて他に楽しいことあるんだったらそっちをした方がいいよ、これからの時代を生きていくのには好きなことをする方が強いから」って話をすると、みんなの顔が分かりやすく変わっていって、寝ずに聞いてくれる。

そのあと「私はヘアメイクさんになりたい」とか「声優になりたい」とか私にアツいメールをくれて夢を相談してくれるようになったんです。

なぜ私に夢を話してくれるのかというと、周りにそういう話ができる大人がいないからなんじゃないかなって思ったんです。

思い返してみれば私も坪田先生に出会うまでは誰もこういう大人になりたいって人がいなかったから、大学にも行く気はなかったし、大人になりたいとも思っていなかった。やっぱり周りの大人がどう生きているか、が子どもたちにもとても大きく影響するんではないかと思ったんです。

学生や子供が変わるよりも大人がまずは変わらなきゃいけない、そして子どもに一番近い存在であるお母さん自身が人生を楽しんでいてほしいと思ったことが今回のイベント開催のきっかけになっています。

子育てのワクワクを集めた“セレクトショップ“のようなイベント

さやかさん:まず、普通のママイベントというと、広い会場に企業ブースが立ち並んでいて、無料のサンプルがもらえる、というイメージが浮かびますが、もっと、来るだけで大人がワクワクできるイベントを作ってみたい!と思いました。

なので今回、企業協賛を募るのではなく、クラウドファンディングで資金を集めさせていただきました。

「渋谷でママ大学」では純粋に私たちがママたちに紹介したいものや人、会社がいろんな形でコンテンツとしてみなさんに体験してもらえるようになっています。

クラウドファンディングという方法をとったのには、もう一つ理由があります。

講演で、いつも学生さんに「自分で考えて、決めて、行動して、挑戦してほしい」って言ってるのに私自身は受験以来何か挑戦しただろうか、偉そうに言える立場だろうか?って帰りの新幹線でいつも思っていたんです。

だから、学生たちにも見える形で何か新しいことに挑戦したいと思いました。

ただ、イベントの企画をするのにどういう知識が必要なのか、どういう人に協力をお願いしたらいいのか分からないまま飛び込んだので、実際挑戦してみると予想以上に大変なことが多かったです。

他のママフェスにお願いして入れてもらって、このイベントが他とどう違うかをプレゼンしながら500人くらいのママたちにチラシを配ったり。

思いを伝える、人の心を動かす、ということの難しさを痛感しています。

子どもたちを支えるのは自己肯定感と根拠のない自信

ーさやかさんから見て”ママ”ってどんな風に見えていますか?どのような印象から、今回イベントのターゲットになったかを知りたいです。

さやかさん:情報が溢れる中で、とても窮屈そうに見えます。「家事も完璧にしなくちゃいけない」 「恥ずかしくないようにしつけなくちゃいけない」と、何が“正しい”かを模索して一生懸命に見えます。

私の母も最初は沢山の育児書を読み漁り、そこに書いてあるいろんな方法を試したそうです。でも、何を試しても結果が良くならなかった。結果が悪ければ、他の方法に変えてみる。

そうやっていたら、もう試すことがなくなっちゃって、途方にくれちゃった。

だから、もう、完璧じゃなくていいやって、いろいろ諦めて開き直った瞬間があったんだそうです。そしたら突然子育てが楽になって、楽しくなった、と母は言います。

他の家の子育てと比べなくていいや、うちはうちだもんって。それが、結果的には子どもたちの自己肯定感を育むことになったのではないかというのが母の持論です。

「ワクワクすることを自分で見つけられる人になってほしい」という母の願いは、私が高2の夏に坪田先生に出会って、「私も慶應いく!」とワクワクから新たな目標を自分で見つけられた時に、形になったんだと思います。

大人がワクワクできる、体験型のコンテンツがイベントの中心

ーこのイベントの見どころ、他のママフェスとはここが違うというのはどういう点ですか?

さやかさん:とにかく大人がワクワクできる空間です。私は大学卒業後ウェディングプランナーをしてきたので、たくさんの結婚式場を見てきましたが、今回会場としてお借りするTRUNK BY SHOTO GALLERY は今一番おしゃれで大人気の結婚式場です。

ディズニーランドの門をくぐったら大人も別世界に入ったみたいにワクワクできるように、

今回のイベントも会場の門をくぐったらやぐらがあって、その下には芝生が広がっていて子どもが遊べるスペースになっていたり、その端にはミニステージがあって、脇にはママが座って休憩できるスペースがあって…と、どこを撮ってもフォトジェニックであることも他のイベントにはない魅力の一つです。

イベント内容としては体験型のコンテンツ重視で構成しています。

2階ではセミナールームで坪田先生の講演があります。坪田先生は心理学の先生なので、子供との接し方とか上手な褒め方、叱り方とか、ママたちがダイレクトに聞きたいことを聞けるんじゃないかと思います。

あと、ツイッターで40万人以上フォロワーがいる人気男性保育士のてぃ先生のセミナーもありますよ。

また、ビリギャルの本や映画を見てくれた人は私の母、ああちゃんのファンが多いのですが、ああちゃんのセミナーや少人数制での悩み相談会も開催予定です。

他には、プロのヘアメイクさんによるヘアメイク体験や、プロのカメラマンさんが親子の写真を撮ってくれてデータをくれたり、待ち時間にはプロの保育士さんが子育ての悩みを聞いてくれたり、座ってできるヨガレッスンや絵本と音楽のステージなど本当に私が紹介したいものを集めているので、ぜひお時間が許す限り、いろんなコンテンツを楽しんでいただきたいです。

おしゃれなランチもご用意しています。

元ビリギャルがこれから取り組みたいこと

ーかなり盛りだくさんの内容ですね!このイベントを契機にしたい今後どのような活動を予定していますか?

さやかさん:私の経験が少しでも役に立つのなら、誰かを勇気づけられたり、元気に出来るような活動をしていきたいです。そのために、今後できることなら、学生や、その親御さん、もっと小さな子どもを持つ親御さんなど、いろんな方にもっと直接話をする機会を持ちたいです。

今たくさん依頼をいただく講演会はすごくやりがいがあって、メディアではなかなか伝わらないことも、同じ場にいるだけでこんなに人の心を動かせるのかって、私自身が感動します。たった1時間でこんなに感動してくれるなら全都道府県、すべての学校や地域を回りたいなって思うくらいです。

また、小さな子どもたちのために、まずはやっぱりママを少しでも楽にさせてあげられることをしたい。私にはまだ子どもがいないけど、だからこそ、子ども代表としてもう少しだけ、いろんなことを伝えていきたいし、自分にできることをしたいと思っています。

「ビリギャルがなぜ、ママイベント?」には、伝わりづらいかもですが、そんな思いがあります。

まずは、このイベントが、当日お越しいただけるママたちにとって、少しでも楽になってもらえるきっかけの場となりますように。

渋谷でママ大学

■日時:2017年10月11日(水)10:00〜16:00
■会場:TRUNK BY SHOTO GALLERY
東京都渋谷区松濤1-5-4(渋谷駅から徒歩5分)
■入場券:3000円/大人1名(未就学児のお子様は無料)
※フードブースは有料、数量に限りがあります。