30日、法制晩報によると、日本メディアが「中国当局が日本向けツアーを制限する通達を出した」と報じた問題で、中国の複数の旅行会社は「通達は受けていない。日本ツアーは通常通り出発している」と表明した。写真は沖縄の国際通り。

写真拡大

2017年9月30日、法制晩報によると、日本メディアが「中国当局が日本向けツアーを制限する通達を出した」と報じた問題で、中国の複数の旅行会社は「通達は受けていない。日本ツアーは通常通り出発している」と表明した。

一部の日本メディアが9月中旬以降、「中国当局が日本向けツアーの制限を始めた」と繰り返し報道し、北京や福建省の都市部から日本へのツアーが縮小されたなどと伝えていた。

しかし、北京市の複数の旅行会社に確認したところ「口頭での通知も受けていない」と報道を否定。日本向けツアーは通常通り出発していることが分かった。ある旅行代理店の関係者は「いつも通りに申請は通り、出発している。何の変化もない」と話している。

福建省アモイ市、福州市などの旅行会社も「通常通り」と口をそろえている。(翻訳・編集/大宮)