今年も10月に入り、本格的な秋の運動会シーズンに近づいてきた【写真:photolibrary】

写真拡大

スタートの構えで前に出した方がいい足は? 陸上トップ選手が素朴な疑問に回答

 10月に入り、本格的な秋の運動会シーズンに近づいてきた。ここまで「お父さんが運動会で転ばずに走る方法」「子供が運動会までに足が速くなる方法」と2回に渡って特集してきたが、今回は番外編。陸上の元トップ選手でスプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する伊藤友広氏、秋本真吾氏に、運動会にまつわる素朴な疑問をぶつけた。

 小学生時代を振り返ると、思い浮かぶシーンの一つが「裸足走り」だ。活発な男子を中心に「裸足の方が速く走れる」と意気込み、靴を脱ぎ捨てて疾走していた。しかし、物理的に足元は軽くなる一方、足を保護してくれるものはなく、地面からの反発もダイレクトに響く分、大人になって考えると、デメリットもあるように感じてしまう。

 いったい、裸足走りはいかがなものだろうか。200メートル障害アジア最高記録保持者の秋本氏は、芝生など地面が安全な状況であることを前提とした上で「問題ないと思います」と言った。特に、足が遅い子には、走りのフォームに好影響を生まれる可能性があるという。

「やってみるとわかりますが、裸足だとかかとから地面につくことができなくなるんですよね。シューズはクッション性があるので、かかとから地面に接地しやすくなります、例えば、アスファルトのような硬い地面だと、かかとから接地できなくなると思います。つま先から接地するイメージを持たせる方法の一つとして、裸足で走らせたるのはありだと思います」

 前回まで特集した通り、足の遅い子の原因と一つがかかとから足をつき、接地している力の発揮時間が長くなることで、走りのリズムが失われることだった。アテネ五輪1600メートルリレー代表の伊藤友広氏は「自分も小学生の頃、裸足で走っていました」と振り返りながら、このように話す。

「かかとから足がつかない走りになりやすいですし、力の発揮時間も自然と短くなることはありえます。ただし、変につま先からという意識を持ちすぎると、逆に走りがおかしくなる可能性がある。裸足になることで自然にいい動きが引き出るくらいの感覚でいるといいでしょう。一概に裸足で走ることは悪いことではないと思います」

コーナーの上手な回り方は? ポイントは「見る方向」にあり

 前回の特集では、子供の走りにとって、いかにスタートが大事になるかを解説。正しいスタートの構え方をレクチャーしたが、スタートを構える際、前に出すべき足はどちらなのだろうか。これについて、伊藤氏は「どちらでも大丈夫です」としながら、それでも気になる保護者向けに前足の見極め方法をオススメしてくれた。

「スタートは前足で地面を押して、後ろ足は前に持ってくるだけです。片足でジャンプをしたときにより跳べるほうの足が前足であることが望ましい。走り幅跳びなどでどちらの足で踏み切ると跳べるのかを確かめてみるといいと思います」

 一方、小学生世代の駆けっこ教室でよく出る質問が「コーナーの回り方」だという。特に、都心の学校を中心に狭い校庭が多くあり、直線ではなく、100〜150メートル程度のトラックを走る学校も多い。特に、保護者リレーに出場するお父さんやスピードに乗りやすい高学年は、コーナーで膨らんだりして減速してしまう例もある。

 伊藤氏は「コーナーの走り方は特別に何かを変えた方がいいと思われていることが多いですが、そんなに考えすぎる必要はありません。みんな、内側に傾いた方がいいと思いがちですが、そうすると、姿勢がつぶれて崩れやすくなり、減速することがあります」と前置きした。その上で秋本氏は「見る方向が大事です」と説く。

「例えば、自転車は曲がる時、どうするか。曲がる方向を見ると、自然と進行方向に体が向く。それと一緒です。コーナーの大きさにもよりますが、コーナーの出口を見るようにすると走りやすいと思います」

 伊藤氏も「視線を10メートルくらい前に置き、視線の先を常に更新していくような形で走るとスムーズにコーナーを回れると思います」と付け加えた。

コーナリングを磨きたい子供の練習法は?

 より実践的にコーナリングを磨きたい子供に向けては、秋本氏がある練習を勧めてくれた。

「小さな円の周りを常に反対方向のラインを見ながら走るというトレーニングがオススメです。中心から大股5歩くらいの距離で円を描き、その周りを走ってみる。コーナーをスムーズに回る感覚を身に着ける上ではいい練習になります」

 ただし、子供においてコーナーで問題が起こりがちなのは50メートル7秒台で走れるような足が速い子。走るのが苦手な子や低学年の子供はスピードが乗り切っていないため、特別意識をさせる必要はないという。

 たかが運動会、されど運動会。その裏には、さまざまなに速く走るコツは隠されている。全3回で紹介したのは、その一部。実りある運動会のヒントになるはずだ。