香川の芸術ループに海外メディアも大興奮 「豪華絢爛」「輝けるインスピレーション」

写真拡大

アウクスブルク戦でヤルモレンコとゴラッソの“共演”

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は9月30日の敵地アウクスブルク戦に先発出場し、前半23分に鮮やかな今季2ゴール目を決めた。

 決勝弾となった香川の圧巻ループシュート、ウクライナ代表FWアンドレイ・ヤルモレンコのバックヒールでの先制弾というドルトムントの連続ゴラッソは、「豪華絢爛」「輝けるインスピレーション」とフランスメディアでも称賛を呼んでいる。

 前半4分、香川の左CKが得点を呼び込む。ゴール前の混戦でこぼれたボールに対し、ヤルモレンコがGKに背中を見せたまま左足のヒールキック。意表を突いた一撃に相手GKはセーブできずに先制点となった。

 さらに、1-1で迎えた同23分にはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの折り返しを、ヤルモレンコを経由して仕留めたのが香川だった。走り込んだ目の前にはDFが待ち構える局面で、「小さな魔法使い」と呼ばれる男の創造性が炸裂。右足ダイレクトで合わせたシュートは美しい曲線を描いてゴール左へ。香川はゴールを確信したかのように両手を広げて駆け出した。これが決勝点となり、2-1で勝利したチームはがっちりと首位をキープしている。

ドイツ紙もタッチの柔らかさと美しさを絶賛

 ドルトムントの“ゴラッソ共演”に、フランス紙「レキップ」電子版は「映像:シンジ・カガワのシンジ・カガワとアンドレイ・ヤルモレンコの豪華絢爛なゴール」と特集。「ヤルモレンコとカガワは、土曜日のアウクスブルク対ドルトムント戦で輝けるインスピレーションを誇った」と賞賛されている。

 ドイツ紙「WAZ」も香川のシュートについて「ボックス内で優しい浮き球のシュート。美しい。本当に美しい」と絶賛していた。黄色と黒の名門を勝利に導いたスーパーな一撃は、国内外で絶賛されている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images