ドルトムントの香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

アウクスブルク戦で岡崎慎司を抜くリーグ38得点目…ツイッターでファンに感謝

 サッカー・ドイツ1部、ブンデスリーガのドルトムントMF香川真司が30日、アウクスブルク戦でリーグ日本人最多の38得点目となるゴールを決め、チームは2-1で快勝。試合後は自身のツイッターを更新し、ファンに感謝するとともに「さぁこれからや」と決意をつづっている。

 1-1で迎えた前半23分。ペナルティーエリア右からボールを受けた香川は、柔らかなタッチで右足を振り抜き、相手GKの頭上を超えてゴール左に流し込む芸術的なループシュートとなった。これにより、日本代表で僚友の岡崎慎司が記録した37得点を抜き、日本人でブンデスリーガ歴代最多ゴールを奪った。試合はこのまま2-1で逃げ切って勝利をものにした。

 試合後に香川はツイッターを更新。歴史的ゴール後に右手で渾身のガッツポーズを決めた「KAGAWA 23」の画像を掲載した。「Thx to all the funs!」と英語で「すべてのファンに感謝」とつづり、「難しい試合だったけど、僕らは勝ち点3を取ることができた」と振り返った。さらに、日本語で「さぁこれからや」と今後に向け、ハッシュタグで決意をつづった。

 チームはリーグ戦4連勝。6勝1分けの負けなしで首位を守っている。香川の言葉通り、まだまだ加速していく。