『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』初日舞台挨拶 第6章のサブタイトルが「ぼくらの未来」に

写真拡大

 新宿バルト9のシアター9にて9月30日、『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』の初日舞台挨拶が行われ、声優のM・A・O(八神ヒカリ役)をはじめ、荒川美穂(望月芽心役)、徳光由禾(テイルモン役)、森下由樹子(メイクーモン役)が登壇した。

参考:『デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」』声優M・A・Oと徳光由禾のコメント公開

 本作は、15周年を記念して製作された初代『デジモンアドベンチャー』シリーズの続編で、劇場版全6章で構成される内の5章目にあたるアニメーション映画。異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後の世界を舞台に、高校生になった主人公・八神太一をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”の冒険を描く。

 影ナレによるキャラクタートークと共に登場したM・A・O、荒川、徳光、森下の4名。劇場上映初日を迎え、M・A・Oは「第5章まで長いようで、 短かったという印象があります。(本作を観たお客さんの反応が楽しみだったので)ドキドキハラハラしております」と緊張ぎみに挨拶。一方の徳光は、「第5章で大きな山場を迎えて、メッセージがセリフにも映像にもたくさんつまっています。またヒカリと芽心を含め、“選ばれし子どもたち”には大変な試練が与えられた章となっていますが、それでも早く皆さんに観ていただきたかったので、今は嬉しいです」と素直に喜びを語った。

 本作の印象的なシーンについて聞かれると、M・A・Oは「怖い話をするときのヤマトさんです。本当は怖いけど頑張ってごまかしていることがバレバレで、キュンキュンしました」とコメント。またメイクーモンを演じる上で意識したことについて聞かれた森下は 「(章を追うごとにメイクーモンが変異するので)逆に意識をどんどんと飛ばしていくことを意識しました」と語り、会場から笑いを誘った。

 またこの日、第6章のサブタイトルが「ぼくらの未来」に決定し、2018年初夏に劇場上映されることも発表。先日、第6章のアフレコが行われたようで、徳光は「収録が最後だと思うと、緊張しました」と告白した。荒川も収録時の思い出について「タケル役の榎木さんが集合時間ギリギリだったみたいで、走って汗だくでスタジオにやってきたんですが、それでも爽やかでした」と共演する榎木淳弥とのエピソードを披露。

 最後に、M・A・Oが「いよいよ公開ということで今日観ていただいた方は、今回のタイトル『共生』の意味について考えながら、まだ観ていない方を誘って、感想を語り合っていただけたらと思います。これからもどうぞ最終章まで一緒に走っていただけたら嬉しいです」と語り、会場を後にした。(リアルサウンド編集部)