行定勲監督が登場

写真拡大

10月1日に放送された「ボクらの時代」(フジ系)には、10月7日(土)公開の映画「ナタラージュ」で俳優、監督、音楽製作として携わった松本潤、野田洋次郎、行定勲の3人が登場した。

【写真を見る】次週は“国民的ヒロイン”有村架純が登場! 大人っぽいドレス姿もバッチリ

RADWIMPSのボーカルの野田が、松本に対して「嵐の松本潤を辞めたいと思うときはあるの?」という質問を投げ掛けると、松本は「ないよ」と否定。

共に一人暮らしをしている野田に対して「ライブ終わった後とかに“洋次郎〜!”とか言われるわけじゃん。でも家帰ると、そのとき履いていた汗だくのパンツとかを洗わないといけないじゃん」と、嵐の松本とプライベートの松本が密接につながっているからだ、と理由を説明する。

しかし、野田からは「俺は会場で脱いでる。スタッフに全部クリーニングをお願いしている」と思わぬ返答が飛び出し、「え、嵐は違うの?」と逆質問。

すると松本は「(会場で)シャワーを浴びて、(汗だくの服を)ビニール袋に入れて持って帰って家で洗うよ」と苦笑いし、「さっきまでの時間は何だろう、でもこっちが現実かもって思うから」と、自身が一番ギャップを感じている瞬間を告白した。

これを聞いていた行定は、嵐のライブに行った際に松本だけがバスローブを着ていたとニヤリ。松本は「僕は終わって全部脱いでアイシングをしちゃうんですよ。そうするとバスローブが一番楽」と照れながら理由を説明した。

行定は「他のメンバーはツアーTシャツを着ているのに、優雅に真っ白なバスローブを着ていて、俺のイメージの松潤だな」と思ったと、当時を思い返していた。

次回10月7日(日)は有村架純、坂口健太郎、森川葵が登場予定。