レアル・マドリー右SBカルバハル、ウィルス性の心膜炎

写真拡大

▽レアル・マドリーは9月30日、スペイン代表DFダニエル・カルバハルのメディカルレポートを発表した。

▽カルバハルは、同日に複数の検査を受けたところ、心膜にウィルス感染があると診断されたとのこと。今後、回復状態を見ながら対策を講じることになるという。

▽カルバハルは、ジネディーヌ・ジダン監督の下で右サイドバックのファーストチョイスとして活躍中。今シーズンはここまで公式戦11試合に出場し、2アシストをマークしている。